ソーシャルメディアを活用した新製品認知・販売促進イベントを実施

(株)ドミノ・ピザ ジャパン

(株)ドミノ・ピザ ジャパンでは2010年4月、Twitterの公式アカウントを取得するとともにFacebookの公式ファンページを開設し、ソーシャルメディアを活用したマーケティングの展開に着手。2011年1月には、これらを活用した新製品認知・販売促進イベントも実施した。

TwitterとFacebookの活用を同時に開始

 東日本124カ所、西日本58カ所、合計182カ所の直営・FC店舗を拠点に宅配ピザ事業を展開する(株)ドミノ・ピザ ジャパン。同社では2010年4月、Twitterの公式アカウントを取得するとともにFacebookの公式ファンページを開設。これらソーシャルメディアを活用したマーケティングの展開に着手した。
 同社では2003年からインターネットによる注文の受け付けを開始。以後、SEM・SEO、各種インターネット広告、メールマガジン配信など、さまざまなかたちでWebマーケティング施策を展開してきた。そして、これらの施策はそれぞれ効果を発揮し、同社への注文全体に占めるインターネット経由の注文の比率も年々増加してきた。
 そうした中で、同社のマーケティング施策におけるWebマーケティングの重要性も年々高まってきていたのだが、2009年ごろから、その舞台となるインターネットの世界に大きな変化が生じた。TwitterやFacebookに代表されるソーシャルメディアの台頭である。これに伴い、Webマーケティングの領域においても、従来の企業から生活者への一方通行の情報発信だけではなく、生活者の発信力をてこに、企業が発信する情報を増幅しようとする取り組みが目立つようになってきた。
 同社ではこのような認識の下、2009年10月ごろから、特に影響力の拡大を感じるようになったTwitterについて活用の検討を開始した。効果や運用の手間、“炎上”の危険性などについて多少の危惧はあったものの、この分野で先行する食品メーカーの担当者からもらった「緩いコミュニケーションが成立している世界であり、リスクは少ない」といった助言などを参考に、トライアルの価値は十分あると判断。2010年4月に公式アカウントを取得し、運用を開始した。
 そして、同社が米国にルーツを持ち、その米国ではすでにFacebookがソーシャルメディアにおける中心的な地位を確立し始めていたことや、米国をはじめとする海外のドミノ・ピザでFacebookのマーケティング活用事例が数多くあったことから、「ソーシャルメディアを活用するならFacebookも」という考えで、日本での普及があまり進んでいなかったFacebookについても公式ファンページを開設。活用を開始することにしたのである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年3月号の記事