すぐに使える“ご繁盛ネタ”の提供で飲食店経営をサポート

アサヒビール(株)

アサヒビール(株)では2009年5月からインターネット上で「ご繁盛サポートネット」を運営。会員の飲食店を対象に販促アイデアやレシピ、食材・料理画像素材などの実践的な情報を提供するとともに、会員向けセミナーの開催なども行うことで、飲食店経営をサポートしている。

インターネットを通じた情報提供で飲食店のマインドシェアを向上

 日本を代表するビールのブランド「スーパードライ」をはじめとするビール類のほか、チューハイ・ウイスキー・焼酎・ワイン・リキュール類など、幅広い酒類のラインナップを提供するアサヒビール(株)では、インターネット上で「ご繁盛サポートネット」を運営。ビールをはじめとする同社商品を取り扱う飲食店のサポートを行っている。
 全国に70万~80万軒前後の飲食店があると言われる中、同社商品を取り扱う飲食店はその約半数に及んでいる。これらの飲食店に同社商品を直接納入しているのは各地域の酒販店であるが、同社でも全国各地に設置している支社・支店の営業スタッフがこれらの飲食店を巡回してコミュニケーションを図り、また、飲食店経営に役立つ情報提供を行うことで、飲食店の同社に対するマインドシェアの向上を図っている。「ご繁盛サポートネット」の運営は、このような動きをさらに拡充することを目的とするものであり、特に飲食店経営者・店長などが「好きな時に好きな情報を」取得できる環境を提供することを目指している。
 同サイトがオープンしたのは2009年5月。準備には構想期間を含め、約2年間を費やした。開発に当たっては、特に飲食店経営者・店長などの視点に立つことを意識し、欲しい情報に関するアンケート調査を実施したほか、社内イントラネットなどを通じて日常的に飲食店経営者・店長などとコミュニケーションをとっている同社の営業スタッフからも意見を収集。その結果、同社の収益に直接つながる“ドリンク類”の売り方を提案するだけでなく、「飲食店が顧客に喜ばれる経営を実現し、コストを下げつついかに収益を上げるか」に役立つ情報を提供することに主眼を置いたサイトづくりが行われた。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年12月号の記事