サイト内の検索性が向上 ロングテールを生かすレコメンデーション

ケンコーコム(株)

健康をテーマとしたECサイトを運営するケンコーコム(株)では、創業当初からレコメンデーションに取り組んできた。2009年からはASPサービスと自社システムを併用するかたちでレコメンデーションを拡充。お客さまに不快な思いをさせることなく健康に役立つ商品をお薦めし、自然なかたちでお客さまの購買意欲を促進しようと、細心の注意を払っている。

1日18万人が訪れる 健康ECサイトに成長

 ダイレクトメールによる単品通販を経て、2000年5月に健康をテーマとしたECサイト「ケンコーコム」を立ち上げたケンコーコム(株)。以来、同社ではお客さまの健康づくりに貢献するために、豊富な品ぞろえを追求してきた。
 現在では、健康食品から医薬品、化粧品、ベビー&キッズ、家電、ホーム&キッチンに至る14カテゴリー、約12万点を取り扱い、取扱商品数を増やすことで全体の売り上げを底上げするロングテール戦略を軸にリテール事業を展開している。
 取扱商品が幅広いため特にターゲットを定めてはいないが、実際にECサイトで商品を購入している顧客の属性を見ると、平均年齢40歳、男女比は4対6で女性客の割合が多いという。
 また直近の年度における出荷件数は215万件、売上高は125億円に上る。なお、2010年9月には、ECサイトオープンからの累計出荷件数が1,000万件を突破した。
 一方、1日18万人が訪れるという集客力を生かしてメディア事業も展開している。サイト上で商品をより詳しく紹介することを目的とした企画広告、「商品PRページ」、新商品などのサンプルを“0円で購入”するスタイルで、適切な生活者に効率良く届ける「商品サンプリングサービス」などを通じて、サプライヤーの販売促進を支援。
 並行して、ユーザー発信のコンテンツを盛り込んだブログポータル「ケンブロ」とレビューサイト「ケンコミ」を運営し、味や使用感といったユーザーの率直な感想を発信することで、企業発信の情報を側面から補助している。
 同社の事業展開は海外にも広がっている。2009年10月には100%子会社kenko.com Singapore Pte Ltdにおいて、世界に向けてのEコマース事業を開始。同年に施行された改正薬事法により国内での販売ができなくなった、第1類、第2類の医薬品や、輸入サプリメントなども手掛けている。また、2010年1月には健康メガショップ「ケンコーコム」の英語版サイトをオープンした。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年11月号の記事