オリジナル・シミュレーションシステムと職人技2つを駆使して“自分だけの一足”を提供

ミズノ(株)

日本を代表する老舗スポーツ用品メーカーのミズノ(株)では、“自分だけの一足”を求めるランナーに応えるために、レース用ランニングシューズのオーダー・システムを展開。カラーリングなどを選べる「スペクトラ」をオンライン上でシミュレーションできるサービスを開始した。また、同社のクラフトマンが手掛けるシューズ作成も好評を博している。

創業以来、日本のスポーツとともに歩んだ歴史

 1906(明治39)年、水野兄弟商会として設立され、今や日本を代表するスポーツ用品総合メーカーのミズノ(株)。創業当初から、当時はまだ高嶺の花であった硬式野球ボールを販売するなど、同社は日本におけるスポーツ史にその名を刻み続けてきた。今年2月に開催されたバンクーバー冬季五輪において銀・銅メダルを獲得した、日本スピードスケート陣の金色に輝く同社製ハイテク・スーツはまだ記憶に新しい。
 また同社は、アジア、北米、欧州、豪州にもその販路を拡大、世界的に見ても有名ブランドの仲間入りを果たしており、今回の冬季五輪においても3カ国10競技の選手が同社製品を使用した。諸外国からの支持を得る原動力となっているのが、そのクオリティの高さである。
 少し古い話では、1980~1990年代における4回の夏季五輪陸上競技において、9個の金メダルと1個の銀メダルを獲得したカール・ルイス選手に「魔法の靴」と言わしめた超軽量シューズを提供。近年においては2004年、米国大リーグの年間安打記録を84年ぶりに塗り替えたイチロー選手の「魔法の杖」と呼ばれる極細バットも提供した。このように超一流のアスリートをも魅了するさまざまな用具は、同社の“ものづくり”の精神と匠の業から生み出されているのだ。
 国内外に生産・販売拠点を持つ同社の連結売上高は約1,620億円(2009年3月期)。今期は長引く世界的な景気低迷の影響を受け10%程度の減額を予想しているが、そんな中、堅調に推移しているのが、ランニングシューズ部門である。2007年度の132万足以降、3年連続で販売数を伸ばし、2010年度は157万足を予測する。同社ランニング事業では、「すべてはランナーのために」をコンセプトに、シューズやアパレルといった商品展開にとどまらず、ランニングクリニックの実施やシューズ選びについてのアドバイス、シューズ選択機器の設置など、幅広くランナーをサポートしている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年5月号の記事