伝統に裏付けられたテクノロジーを基盤に発酵技術を生かした健康食品の通販を展開

協和発酵バイオ(株)

医薬品・健康食品・化粧品原料の製造・販売をメイン事業とする協和発酵バイオ(株)では、2004年から「Remake」ブランドで健康食品の通販事業を展開している。同事業では自社原料・生産の健康食品を単品通販の手法で販売。エンドユーザーとのダイレクトなチャネルを確立するとともに、原料販売事業の“広告塔”的な役割も果たしている。

1990年代半ばから通販に着手し、2005年から本格的な展開を開始

 2008年10月に協和発酵工業(株)(現:協和発酵キリン(株))から分社独立するかたちで発足した協和発酵バイオ(株)では、「Remake(リメイク)」ブランドで健康食品の通販事業を展開中だ。
 同社の通販事業は1990年代半ばに端を発している。同社の前身である協和発酵工業では1980年代から健康食品原料の製造・販売を手掛けてきたが、その一環として、1996年にコラーゲン原料普及の一端を担うことを目的に自社ブランドのコラーゲンドリンクの通販に参入した。同様のスタイルはその後、コレステロール対策の特定保健用食品素材やグルコサミンなどにも適用され、通販事業は規模こそ小さいながらも脈々と継続されてきた。
 同社の通販事業に転機が訪れたのは2004年。健康食品原料を担当していた部署が、社内で食品部門から医療用高機能アミノ酸を取り扱っていたバイオケミカル部門に移管されたことがきっかけとなり、また、当時、アミノ酸ドリンクが流行していたことなどから、アミノ酸をベースとする健康食品の通販に本格的に取り組むことになったのである。そして、同年中にテスト販売を実施し、翌2005年には本格展開を開始。その後、徐々にアイテム数を増やしつつ、現在に至っている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年3月号の記事