価格比較サイトの有効活用で売り上げを急拡大

(株)アベルネット・PCボンバー

「PCボンバー」の名称でPC、デジタルカメラ、情報家電製品などの販売を手掛ける(株)アベルネットでは、価格比較サイトを最大限活用して“低価格”を訴求し、売り上げを急速に拡大してきた。近年では中古品の買い取りやレンタルサービスなども展開。ユーザーとの結び付きを強化し、さらなる業容拡大を図っていく意向だ。

現金卸問屋での経験を生かし通信販売に参入

 「PCボンバー」の名称でPC、デジタルカメラ、情報家電製品などの販売を手掛ける(株)アベルネットは、当時、東京・秋葉原の家電製品の現金卸問屋に勤務していた小山励基氏・渡邉健次氏らにより、1998年に設立された。
 当時はPCの普及期であり、“家電の街”と言われる秋葉原の中でも、販売店により同一機種の販売価格のバラつきが大きかった。従って、ユーザーはより低価格で販売している店舗を探して多くの店舗を歩き回るのが一般的で、そのために多くの労力を割かねばならなかった。
 そこで、小山氏らは“いつでも低価格でPCを販売する”ことを目指し、「PCボンバー」を開店したのである。
 「PCボンバー」は開店から現在に至るまで、リアル店舗での販売とインターネット通販を並行して実施している。当初は、リアル店舗での売り上げが大きかったが、比較的早い段階でインターネット通販の売り上げがリアル店舗を上回り、現状では売り上げの約90%がインターネット通販によるものとなっている。
 取扱商品は、当初、PCが中心であったが、その後、デジタルカメラ、液晶TV、DVDレコーダーなどに拡大した。ただし、在庫を極力減らし、回転率を上げるために、ラインナップは各分野の売れ筋商品に特化しており、総アイテム数は1,000~1,500アイテムにとどまっている。液晶TV、DVDレコーダーなどの情報家電製品が約30%、PCが20%、デジタルカメラが20%弱、その他が30%強といった構成だ。なお、取扱商品の中心は新品であるが、一部、中古品や新古品なども取り扱っている。
 通信販売における利用媒体はインターネットのみ。そのほかの媒体はコスト的に合わないという判断から採用していない。
 配送については宅配便を利用。設置サービスなどは行っていなかったが、現在準備段階に入っているとのこと。代金決済は前払いの銀行振り込み・コンビニ支払い、インターネット銀行口座決済、代金引換となっている。クレジットカード決済については以前、自社カードとして発行した「ボンバーカード」があったが、手数料がほかの決済手段と比べて割高だったため、現在は取り扱っていない。
 返品・交換は、購入後1週間以内で、初期不良の場合に限り受け付けている。保証については基本的にメーカー保証で対応しているが、購入代金の5%を支払うことで、同社独自の3年間の延長保証(メーカー保証に2年間の独自保証をプラス)を付けることも可能だ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年3月号の記事