ケータイとの連動でカラオケルームが販促メディアに進化

(株)第一興商

業務用カラオケの最大手、(株)第一興商は近年、ケータイやパソコンへの配信事業に注力し、おサイフケータイと同社のカラオケシステムを活用したサービスやタイアップ・キャンペーンなどを積極的に展開している。カラオケルームはおサイフケータイによって多彩なコンテンツが利用できるほか、タイアップ企業の販促効果を生み出す場になっている。

インターネット上に歌った楽曲を公開することができる「DAM★とも」

 業務用カラオケ事業のリーディング・カンパニーとして知られる(株)第一興商は、1971年に音響機器販売店として創業。その後、1976年に業務用カラオケ事業に参入し、1988年9月には福岡市博多区で最初のカラオケルーム店舗「ビッグエコー二又瀬店」を開設した。カラオケシステムが8トラック、レーザーディスク、通信カラオケと移り変わる中で、ハード・ソフト両面において多様化・高度化するニーズに対応してきたのが同社の歩みでもある。1994年から展開した通信カラオケ「DAMシリーズ」は、2003年発売の「BBcyber DAM」からブロードバンド環境に本格的に対応した。現在、商品力と実績に裏付けられた信頼性により、市場のトップシェアを獲得している。
 同社では、業務用カラオケ事業のほかにWeb配信事業を展開しており、その中の携帯電話向けサービスとして、着信メロディー配信サイトや「カラオケ@dam」など、計9サイトをそろえている。
 また、同社ではおサイフケータイを活用したポイントプログラムによる会員制度、「club DAMメンバーシップ」を設けている。有料コンテンツ利用時に100円につき1ポイント(1円分)が加算されるようになっており、ポイントの有効期限は最長2年間。
 当初は非接触型ICチップを使った「FeliCa(フェリカ)」を内蔵したカード発行による会員制度であったが、2004年4月からFeliCaの機能が搭載されたおサイフケータイのサービスが開始されたことに伴い、これに対応するアプリケーションを提供。カード会員と同等の機能をケータイで実現できるようになった。加えてケータイに付随する多彩な機能を活用することで、それまで以上にカラオケを楽しめるようになっている。
 その一例として昨年12月から開始した「DAM★とも」は、同社のカラオケシステム「プレミアDAM」と「DAMステーション」、または「プレミアDAM」と「デンモクiD」のあるカラオケルームで、自分が歌った歌を「DAM★とも」サイトに送信・登録し、インターネット上に歌った楽曲を公開することができるサービスだ。「DAM★とも」に登録された歌は、ケータイ、パソコンからアクセスすれば自由に聴くことができ、URLをeメールで送ったり、ブログに貼り付けることで、友人やSNSのカラオケコミュニティーの仲間に聴いてもらうことも可能になる。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年9月号の記事