おサイフケータイの活用で搭乗前の手続きを簡素化

全日本空輸(株)

日本最大級の国内路線網を持つ全日本空輸(株)は、おサイフケータイを使って待たずにチェックインできる「スキップサービス」を提供。忙しい出張族を中心に好評を得ている。また同社では、モバイル向けのWebサイト「ANA SKY MOBILE」を開設し、搭乗前から着陸後まで利用できるシームレスな旅客サービスにも注力している。

積極的な運営で国内最大の路線網を獲得

 全日本空輸(株)(ANA)は、国内ローカル輸送を一本化する政府方針に基づき、民間航空会社2社の合併により1957年に創立された。純民間航空会社である同社は、その後多くの中小航空会社との合併により路線網を拡大させていった。また、その時に最新鋭機を多数導入するなど、積極的な運営により事業を拡大、いまや国内線では日本最大級の路線網を誇り、わが国を代表する航空会社グループに成長を遂げた。2009年6月期における国内線月間旅客数はANAグループで約302万人に達している。
 なお、当初は国内線を主軸としていたが、1986年からは国際線定期便の運航を開始、2009年6月末現在では月間30万人以上の利用がある。
 同社は、「『安心』と『信頼』を基礎に、価値ある時間と空間を創造します、いつも身近な存在であり続けます、世界の人々に『夢』と『感動』を届けます」の基本理念の下、日夜研鑚を続けており、旅行会社や旅行雑誌などが行う人気アンケートなどにおいて常に高評価を得ている。
 また、2004年にはボーイング社の最新鋭旅客機であるB787型機をローンチカスタマー(launch customer:航空機メーカーに対して、新たな航空機の製造開発を踏み切るに十分な規模の発注を行い、その新型機製造計画を立ち上げる後ろ盾となる顧客)として50機発注、世界で最初の導入を予定するなど、創立当初から変わらぬ積極的な運営が評価を得た。
 加えて、新サービスの積極的導入、効率的な経営努力が評価された結果、2007年にはエアー・トランスポート・ワールド(ATW:民間航空業界の月刊誌)誌上で、エアライン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年9月号の記事