予約からチェックインまでをケータイで完結

アパホテル(株)

国内最大級のホテルチェーン・アパホテル( 株) では2007年4月、おサイフケータイを同社の会員カード「アパカード」として利用できる「アパホテル会員証アプリ」のサービス提供を開始。これによりモバイルサイト内でのホテル検索、宿泊予約からチェックインまでがケータイでの操作に集約され、会員の利便性は飛躍的に向上している。

おサイフケータイをホテル業界最大規模の会員カードに

 1980年に設立し、1984年オープンの金沢ファーストホテル(現アパホテル〈金沢片町〉)を皮切りに、2009年7月末現在、北海道から沖縄まで全国71カ所で「アパホテル」「アパヴィラホテル」「アパホテル&リゾート」ブランドをはじめとするさまざまなホテルを運営するアパホテル(株)。総客室数が1万7,000室以上(2009年開業予定ホテルを含む)に上る国内最大級のホテルチェーンである同社では2007年4月、おサイフケータイを同社の会員カードである「アパカード」として利用できる「アパホテル会員証アプリ」を開発、サービス提供を開始した。
 アパカードは同社が第1号ホテルオープン当初から発行している会員向けポイントカード。ホテル事業において当初からチェーン展開を志向していた同社が、複数施設にまたがるリピート利用を促進することを目的に発行を開始したものだ。
 入会はチェックイン時に申し込むだけで、入会金は1,000円(2009年7月現在はキャンペーン中のため無料)・年会費無料。記帳なしでのチェックイン、宿泊料金定価の10%割引に加え、宿泊利用100円につき1ポイント、直営レストラン・ゴルフ場利用200円につき1ポイントのアパポイントを付与し、500ポイントで5,000円をキャッシュバック、または6,000円分のグループ共通利用券を進呈するという特典が好評を博し、2009年6月末現在、会員数は約263万人と、ホテル業界でも最大規模を誇っている。なお、ポイントは発行の翌々年末まで最大3年間有効というシステムで、2008年にはキャッシュバック総額が数億円に達するなど、いわゆる出張族などを中心に実利用率も高い。
 さらに同社では、2006年12月からビットワレット(株)との提携によりアパポイント300 ポイントを2,000円分の電子マネー「Edy」と、2008年8月から家電量販店最大手の(株)ヤマダ電機との提携によりアパポイント300ポイントを「ヤマダ電機WEB.COMポイント」2000ポイント(2,000円相当)と、それぞれ交換できるサービスを開始するなど、その魅力の向上に余念がない。
 アパホテル会員証アプリは、このアパカードにおいて、従来から使用しているプラスチック製の磁気カードをおサイフケータイに置き換えるものであり、専用端末にかざすだけでチェックインできる仕組みを提供することなどにより、その利便性を一層高めるものとなっている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年9月号の記事