「遊びながら、学べる」コミュニティーサイトを運営

(株)オリエントコーポレーション

(株)オリエントコーポレーションでは2006年12月から、モバイル向け会員制コミュニティーサイト「あそラボ」の運営を開始した。これまでに延べ20万人以上の会員を集め、エンターテインメント性の高いコンテンツを提供。クレジットカードホルダー予備軍である中高生・大学生に同社に対する認知度向上を図っている。今後は同社のマーケティング・CRM戦略全体における装置のひとつとしての側面も強化する方針だ。

エンターテインメント性の高いモバイル向け会員制コミュニティーサイトを運営

 業界トップの業績を誇るオートローンやショッピングクレジット、クレジットカードのほか、EC決済ソリューション、ガス料金や不動産賃貸、通信・通話料金の収納、各種保証商品の販売など、さまざまな分野で顧客ニーズを重視したサービスを提供する(株)オリエントコーポレーション(以下、オリコ)。同社では2006年12月から、モバイル向け会員制コミュニティーサイト「あそラボ」の運営を行っている。
 「あそラボ」という名称は、「遊びの研究所(Laboratory)」を由来とするもので、「あそラ盆地に住む浅生蘭坊博士が、日々遊びの研究をしている」という設定がなされている。待受画像や写真フレームのダウンロードや、ゲーム、心理テスト、タロット占い、携帯小説など、エンターテインメント性の高いコンテンツを中心に構成される会員制コミュニティーサイトであり、入会時にはモバイルのメールアドレスや生年月日の登録が必要となる。
 各種コンテンツについては内容の充実度を重視している。例えば一般的にケータイ小説は素人作家によるものが多く、文章レベルや完成度が低いものも少なくないが、「あそラボ」では女優と作家を兼ねる西山繭子氏などプロの作家を起用。サイト上での掲載を完了した作品は単行本として刊行されるほどだ。
 「あそラボ」では「あそラボポイント」というポイント制度を設けており、一部コンテンツの利用にはポイントが必要となるが、ポイントは会員登録時に100ポイントが付与されるほか、アクセスごとに1ポイント、ゲームのクリアや友人紹介などで一定のポイントが進呈される仕組みになっており、利用は基本的に無料だ(別途パケット通信料は必要)。
 なお、「あそラボ」の運営はスタッフ3名で行っているが、これらのスタッフは「あそラボ」専任ではなく、同社のWeb関連業務全般を担当している。従って、少ないヒューマンリソースの中でいかに充実したサイトを実現するかが恒常的なテーマとなっている状況である。

クレジットカードホルダー予備軍である中高生・大学生の認知度・好感度向上を目指す

 「あそラボ」運営の基本的な目的は、クレジットカードホルダー予備軍である中高生や大学生の同社に対する認知度や好感度を向上すること。「オリコ」という色は出さず、「気が付いたらオリコというブランドに親しみを感じていた」という状態が理想だ。
 また、ケータイ小説により若年層の活字離れ防止を図ったり、エンターテインメント性の高いコンテンツに交えてクレジットカードの基本的知識を提供するコンテンツ「カードの教室」により将来的な正しいクレジット利用のための啓蒙を行ったりといった、一種の社会貢献という意味合いもある。単なるエンターテインメントではなく、「遊びながら、学べる」ということを目指しているのである。
 さらに最近ではビジネスへの連携も考慮しつつあり、クレジットカード対象年齢に達した会員やその周辺の生活者に同社の公式Webサイト(PC版、モバイル版)への誘導や、サイト上のキャラクターの外部メディアでの展開なども検討している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年2月号の記事