クオリティの高いメーカーとして世界への中古車販売も拡大

(株)ガリバーインターナショナル

顧客から買い取った車を、オークションを通して卸売りする「買取」という業態そのものが存在していなかった1994年当時、ライフスタイルに合わせて車を気軽に乗り換えられるような自動車の流通革命を起こそうと、「車買取専門店」として開業した(株)ガリバーインターナショナル。買い取った車を1週間程度でオークション会場に売却するという、買い取りに主眼を置いた斬新なビジネスモデルで成長を遂げた同社のさらなる取り組みを紹介する。

買い取りビジネスの舞台裏

 1台ごとに状態が異なる中古車の価格設定があいまいで、一般的に不透明に見られていた従来の中古車業界。値落ちするスピードが速く、流通が未整備であった日本の中古車市場において、全国統一価格を提示し、適正な価格で流通させることで、中古車の信頼性と買い取りビジネスの認知向上に貢献したいとインフラを整備。(株)ガリバーインターナショナルの原点ともいえる、買い取りビジネス誕生のプロセスだ。1994年10月、福島県郡山市で産声を上げた。
 従来の中古車ディーラーが行ってきた展示販売では、一定規模の土地、展示車数が必要であり、加えて規模に応じて人件費も上昇するなど、多大なコストが発生していた。また、中古車の価格が2~3週間程度で変化する日本の中古車市場では、長引く在庫期間が商品の価値を劣化させ、中古車ディーラーは常にリスクを抱えていた。日本の中古車市場は、1992年に初めて中古車の年間登録台数が新車の販売台数を上回り、2008年現在では、新車販売台数の535万台に対して、中古車登録台数は753万台。ただし、中古車登録台数は業者間取引により二重にカウントされる可能性があり、実売台数は半分程度と推定されるため、これを加味すると、国内における新車販売台数と中古車実売台数の割合は3:2となる。一方、欧米においてはこの比率は1:2。つまり、日本は欧米と比較して新車の割合が高いために、中古車の値落ちが早いというわけである。
 かつて、中古車ディーラーといえば、イメージの悪さやマーケティング手法の未熟さ、さらには自動車の車種が多くマッチングする率が低いという中で、押し売り販売を行ってきたのが実情だった。そんな中で、あえて展示販売を行わず、新車ディーラーや中古車販売店で販売しきれなくなった在庫車両をオークション会場で他のディーラーに迅速に売却。在庫のリスクやコストを大幅に削減することにより、ユーザーにその分の負担をかけることなく、通常よりも高く車を買い取る仕組みを構築したのである。
 2000年3月の沖縄出店で、全国への店舗展開を達成。2008年2月末現在、全国約450店舗(うち直営300店、FC150店)において年間約25万台の車の買い取りを行うことで、1台当たりの粗利は低くても大量に車を扱うことで利益を上げる、スケールメリットを活かしたビジネス・スタイルを可能にした。売上高は1,900億円(2008年2月期)。内訳は85%が買い取り事業(卸売事業)で、残り15%が販売事業(小売事業)となっている。

08cs10-1

車買取専門店ガリバー環七西新井店

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年10月号の記事