楽天グループにとってロイヤルティの高いユーザーにさらなるサービスを提供

楽天トラベル(株)

楽天トラベル(株)は、2007年1月23日から「楽天トラベル」において、厳選した一流ホテル・旅館のみの情報・予約を提供する新サービス「Platinum Collection ~for Celeblities~」をスタートした。「プラチナコレクション」には特別機能がいくつか用意されており、「プライベートコンシェルジェ」はそのひとつ。楽天グループにとってロイヤルティの高いユーザーにさらなるサービスを提供することを狙いとしている。

「プラチナコレクション」の特別機能のひとつとして「プライベートコンシェルジェ」を設置

 楽天トラベル(株)が運営する「楽天トラベル」は、現在、登録宿泊施設数で国内2万2,197軒、海外で1万8,299軒(2008年5月2日現在)、宿泊予約数で月間222万件(2008年4月末現在)の実績を持つ。そもそも同サイトは、楽天(株)のトラベル事業として2001年に開設されたもの。その後2002年8月には、楽天から同事業を「楽天トラベル(株)」として分社化。さらに2003年には、当時の競合サイトであった「旅の窓口」を運営するマイトリップ・ネット(株)の株式を日立造船(株)から323億円で買収。翌2004年に法人・サイトともに「楽天トラベル」に統合し、現在に至っている。
 国内旅行向けサービスでは、高級ホテル・旅館「プレミアム(現・ゴールドプレミアム)」(2004年7月開始)や「高速バス予約」(2005年11月開始)に加え、国内航空券+ホテル予約の「ANA楽パック」を2006年10月よりスタート。海外旅行向けサービスでは、「海外航空券予約」(2005年1月開始)や海外航空券+ホテル予約の「楽パック」(2006年2月開始)を提供するなど、国内最大級のインターネット総合旅行サービスに成長している。
 同社は、2007年1月23日から「楽天トラベル」において、厳選した一流ホテル・旅館のみの情報・予約を提供する新サービス「Platinum Collection ~for Celeblities~」(以下、プラチナコレクション)をスタート。これは、ここ数年、外資系高級ホテルの開業が東京を中心に続いている中、絶対的なクオリティを求めるユーザーに、“真の魅力”や“楽しみ方”を伝えることを狙った、同社の新しい宿泊予約サービスである。
 「プラチナコレクション」に掲載されている宿泊施設の宿泊予約に関しては、楽天会員ならば誰でも利用可能だが、同コーナーには特別機能がいくつか用意されており、これらに関しては「楽天プラチナ会員」や楽天KC(株)が運営する楽天カードの「楽天プレミアムカード」会員、および提携のクレジットカード会員など、限定されたユーザーのみに提供している。今回フォーカスした「プライベートコンシェルジェ」は、その特別機能のひとつ。2007年1月のスタート前後に、すべての楽天会員にメールマガジンで紹介したほか、楽天トラベルをはじめ、楽天市場や楽天オークション、インフォシークなど、楽天グループのほかのサイトにバナー広告を掲出し、認知度を高めていった。
 ちなみに、楽天プラチナ会員の資格は、楽天スーパーポイントを6カ月間で2,000ポイント以上獲得、かつ6カ月間で15回以上ポイントを獲得することで取得できる。100円につき1ポイントが付与される仕組みなので、単純に計算すると、6カ月間で20万円以上の購買実績のある、まさにロイヤル顧客といえるだろう。

145cs4

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年6月号の記事