ネット予約で季節を先取りし販売動向をいち早くキャッチ

ドリームビジョン(株)

キュートな色づかいと時代を先取りした洗練されたファッション商品で10代から20代の女性の圧倒的支持を得ているドリームビジョン(株)。今年で創業10年の若い会社だが、順調に業績を伸ばしてきている。その強力な原動力になったのは、PC、モバイルでのインターネット通信販売。昨年9月には「モバイルショッピング大賞」(主催:D2C)を受賞、10月には東京・渋谷区にプレスルームを開店するなど、さらなる発展を見せている。

SPAで利益率のみならず社員のモチベーションを向上

 以前は路面店で雑貨の小売りをしていたドリームビジョン。10年ほど卸とリアル店舗での販売を経験した上で、ネット販売へ移行したという経緯がある。そのきっかけは、目の前に大型店ができ、またたく間に売り上げがガタ落ちしたこと。大資本でなければよほどの差別化を図らない限り、何があっても生き残れるだけの力は持てないと痛感した経験であったという。
 そこで同社では、2003年12月に、物理的な店舗や立地条件に左右されないネット販売に参入。立ち上げ当初の取扱商品はダイエットコスメであったが、2005年の薬事法の改正で広告が制限され、売り上げが激減。顧客の99%が女性だったことから、ファッションを扱うことにしたという。卸ではなく自社ブランドという道を選んだのは、岡社長自身の「モノをつくりたい」という強い意志によるもの。まずは、単価の安い靴・バッグの仕入れ・販売から始めて半年ほどで売る力をつけ、SPAとしてのビジネスに踏み切ったのは約1年後のことだった。
 SPAの利点は、利幅が大きいことである。現在の粗利は50~60%。数字上の利益ももちろんだが、自社ブランドをもつことでモチベーションが上がるなど、社内の意識面におけるメリットも大きいという。

ケーススタディ

プレスルームを兼ねた東京のショールーム

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年5月号の記事