エコポイントカードを発行し家庭内での環境保全への取り組みを促進

港区役所

2007年2月、港区役所では、港区内の事業者と区民、区が連携して、環境保全活動を行うことを目的に発足した任意組織「みなと環境にやさしい事業者会議」の協力のもと、ポイントプログラムをベースとする「みんなとエコポイントカード」事業を開始。家庭内での環境保全への取り組みを促進している。

地球温暖化防止の実効性向上を目的にポイントプログラムを導入

 港区役所では2007年2月、港区在住・在勤・在学生を対象に、環境に配慮した行動を実践してもらうことを目的に、「みんなとエコポイントカード」事業を開始した。
 環境に配慮した行動、特に家庭から出される二酸化炭素の削減につながるライフスタイルへの転換を進めるための公的事業としては、環境省が2005年度から家庭内での環境保全への取り組みを促進する「我が家の環境大臣」事業を展開しているほか、地方自治体でも、例えば環境保全型ライフスタイルのチェックを小・中学校の夏休みの宿題とし、優秀者に首長から表彰状や図書券を贈呈するなど、さまざまな取り組みが行われてきた。しかし、これらにはいずれも、継続を促すインセンティブに乏しいという側面があり、十分な実効性を確保できなかった。このような認識のもと、港区役所が実効性の高い取り組みとして開始したのが、ポイントプログラムをベースとする「みんなとエコポイントカード」事業である。
 「みんなとエコポイントカード」事業のあらましは以下の通りだ。
 まず、区役所および5つの地区総合支所で、参加希望者にシリアルナンバーの入った「みんなとエコポイントカード」を配布。カードを受け取った参加者は、カード裏面のQRコードを携帯電話で読み取ったり、記載されたURLを入力したりすることにより、専用サイトにアクセスし、例えば「エアコンはつけなかった」「レジ袋はもらわなかった」「コンセントはこまめに抜いた」など、週ごとに設定される環境に配慮した7つの行動チェック項目を自己評価し、日々、ポイントを加算する。1項目につき2~3ポイントが配点されており、1日の最大獲得ポイントは20ポイント。アクセスは1日1回のみ可能である。貯まったエコポイントにより、区が運営する環境関連の学習・交流・情報交換施設である「エコプラザ」の常設ミニエコバザーや、年6回程度開催される朝市エコバザーで、100ポイント=100円相当のバザー券が発行され、おもちゃ、絵本、子ども用品、無添加食品、有機農産物などと交換できる。ポイントはシリアルナンバーごとに管理しており、個人情報は収集していない。当初は個人情報の収集も検討したが、収集により参加へのハードルが高くなり、また、個人情報保護の観点から外部のレンタルサーバの利用が困難になって運営コストが増大するという判断から、現在のかたちに落ち着いたとのことだ。
 携帯電話・PCそれぞれの専用サイトでポイントを貯めることが原則だが、機器の操作に慣れていない高齢者などに配慮し、区役所や地区総合支所で配布される「週間エコチェック・カレンダー」にチェックを入れて持参しても、ポイントを貯められる。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年3月号の記事