常に新鮮な売り場づくりを目指すことでPCによるネット通販を上回るまでに成長

(株)ネットプライス

2000年3月、(株)ネットプライスでは、商品の購入申込者が集まれば集まるほど、価格が下がり、普段よりおトクな価格で購入できるインターネット上での販売モデル「ギャザリング」(共同購入)を日本でいち早くスタート。また、2000年9月には、他社に先駆けて、携帯電話を使ったケータイ通販市場への参入も果たした。現在、同社の売上高に占めるケータイ通販は約6割を越えるまでに成長している。

ギャザリングシステムによる「ちびギャザ」事業を展開

 (株)ネットプライスは、2000年9月、当時、普及期にあった(株)NTTドコモのiモード上でケータイ通販サイト「ちびギャザ」の展開を開始した、ケータイ通販市場の先駆的存在だ。2000年3月に事業をスタートした時は、PCサイト「ネットプライス」経由の受注が中心であったが、現在ではケータイ通販での受注がPC経由を上回る状況となっている。
 なお、同社は2007年2月に持株会社制に移行。現在では持株会社である(株)ネットプライスドットコムの下、ドロップシッピング事業の(株)もしも、化粧品企画販売事業の(株)シアン、インターネットオークション関連事業の(株)デファクトスタンダード、海外事業関連EC事業の(株)ショップエアラインなどのグループ企業と連携して事業を展開している。
 「ちびギャザ」の最大の特色は、PCサイト「ネットプライス」同様、独自の「ギャザリングシステム」を採用していること。このシステムでは、原則として1週間(火曜日13時から翌週火曜日13時まで)の販売期間中における商品の購入申し込み数量に応じて、販売価格を通常3~4段階に設定。申し込み数量が設定数量に達した場合には販売価格が値下がりする。限定された販売期間における1商品当たりの受注件数をより多く集めることで、仕入先に対する価格交渉力を確保する。それにより、仕入れ価格を下げ、さらに受注発注で在庫リスクを軽減化し、高いコストパフォーマンスを実現している点が特徴的だ。
 2007年10月現在、「ちびギャザ」の登録会員数は約100万人。そのうちの約90%は25~40歳を中心とした女性である。一方で、男性向け商品を揃えた「オトコのギャザ」コーナーを設けるなど男性向け商品の拡充も図っており、同コーナーのシェアが売上高ベースで12~13%を占めるなど、一定の成果を上げている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年11月号の記事