全方位からユーザーを囲みインタラクティブなケータイ通販サービスを提供

(株)シーエー・モバイル

2000年5月にモバイル専門マーケティング企業として設立されたシーエー・モバイル。「ONE☆FESTA」をはじめ、数多くの人気モバイルコマースサイトを運営している。その最大の特徴は、同社の大半のサイトが国内3大ケータイキャリアの公式サイトとして認定されていることにある。同社のビジネス展開を検証してみた。

広告の空き枠利用からスタートし年間売上高34億円を達成

 2000年5月にモバイル専門マーケティング会社として設立された(株)シーエー・モバイル。同社では、2001年夏からモバイルコマース事業を展開している。
 同社がモバイルコマース事業を開始した理由は、自社のモバイルメディア事業で販売している広告の空き枠を有効利用すること。つまり、広告モデルで展開するモバイルメディア事業において随時発生する空き枠を有効活用し、物品を販売することにより、収益性を向上することが目的であったが、これが好評であったことから、その後、モバイルコマース専用サイトを開設。2005年度(2006年9月期)では同社の年間売上高108億円の31.5%に当たる34億円を売り上げるまでに成長している。2006年度(2007年9月期)ではさらに売り上げを伸ばし、年間売上高は54億円に達する見込みだ。
 同社が現在運営しているモバイルコマースサイトとしては、総合ショッピングサイト「ONE☆FESTA」のほか、「ストラップヤ」「香水の百貨店」「ブランドの百貨店」「お茶の百貨店」などの商品ジャンル・テイスト別の専門サイトがあり、大半が国内4キャリアのモバイルサービス(NTTドコモの「iモード」、KDDIの「EZweb」 、ソフトバンクの「Yahoo!ケータイ」 、WILLCOMの「CLUB AIR-EDGE」)すべてにおける公式サイトとなっている。
 サイト開設時期は「ONE☆FESTA」の前身である総合ショッピングサイト「パケおdeショッピング」が最も早く、専門サイトについては、2002年11月の「香水の百貨店」開設を皮切りに順次開設されたものである。なお、専門サイトは、専門性の高さにより注目を集め、最終的に総合ショッピングサイトへの集客を強化することを主目的に開設したものであるが、現状ではむしろ、総合ショッピングサイトの利用を経て、専門サイトの利用に至るというケースが多くなっている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年11月号の記事