製造小売業としての強みを活かし直営店で顧客に最適な商品を提供

(株)アシックス

新しいシューズを買って、張り切ってウォーキングへ出発したら、途中で足が痛くなって引き返した。こんな経験をお持ちの方は、意外と多いのではないだろうか。しかし、歩人館でシューズを購入すれば、そんな悲惨な目にあうことはない。足の形状を機械で計測し、さらに専門の知識をもったシューフィッターが商品を選んでくれるからだ。

足の計測サービスで急速に成長

 (株)アシックスのグループ会社である(株)アシックススポーツビーイングが運営する「歩人館」は、1987年、神戸市東灘区に1号店がオープン。出店の目的はアシックスの技術開発シーズをトップアスリートのためだけにとどめず、一般的な商材へ転用し、付加価値を維持しつつ販売することにあった。
 アシックススポーツビーイングは、アシックスのオリジナルブランドを販売・浸透させる直営店舗を運営する企業で、スポーツスタイル事業、アウトレット事業、通販・IT事業、健康快適事業、アスレチック・スポーツ事業という5つのビジネスを展開している。どれもが顧客とダイレクトに接点を持つという特徴が共通点だ。その中で急成長を遂げる“歩人館”は現在、42店舗を全国展開している。FC4店舗を除く38店舗で2006年度26億円を売り上げ、その成長率も高い。中でも銀座店は対前年200%という驚異的な数字を上げている。リピート顧客が多く、2万円以上するシューズを1回の来店で2足購入するケースも珍しくないという。
 これほど人気が高いのは、もちろん歩人館が魅力的な店舗だから。シューフィッターによる足の計測サービスを基に、全国どの店でも、サイズ、足幅、色、好みで男女合計約300種類の商品の中から選択できる。さらに注目したいのが、フィット感を補正するために独自開発した靴の中敷を使用していること。
 顧客にも数値が可視化された計測サービス、選択の幅が広い豊富な品揃え、シューフィッターとしての厳格な教育を受けたスタッフによる接客サービス、フィット感をアップするための独自技術による中敷の4つが融合することにより、高い顧客満足を獲得できていることが、この驚異的な急成長の理由と言えるだろう。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年9月号の記事