インターネットにも本腰を入れ店舗連動での体制強化に取り組む

(株)三越

2006年2月から、(株)三越ではeコマースのさらなる強化を目指して、営業企画本部にあったeビジネス推進部を通信販売事業部に移管した。そして、インターネットサービスの充実を図ることで、百貨店をあまり利用しない若年層の自社ブランドに対する認知度を高め、店頭への誘導を図ると同時に、パソコンやケータイを通じたネット購買に慣れている世代の顧客化を推進している。

eビジネス推進部を営業企画本部から通信販売事業部に移管

 1673年の創業以来、330年以上にわたってお客様の支持を得てきた(株)三越。同社では、カタログ通販事業が順調に推移していることから、通販事業の成長性や可能性に注目。インターネットにも本腰を入れ、店舗連動での体制強化に取り組みつつある。
 そもそも同社のホームページの開設は、1996年6月にさかのぼる。当初は企業広報が主体であり、企業情報と一部店舗情報が掲載されている程度だった。その後、1999年5月にオンラインショッピングサイト「ONLY-YOU」をオープン。2000年11月にはトップページを大幅にリニューアルし、店舗情報も含めた情報発信力の高いサイト構築に取り組んできた。
 そして2006年2月から、同社ではeコマースのさらなる強化を目指して、営業企画本部にあったeビジネス推進部を通信販売事業部に移管。eコマースを急伸させるには、在庫の引き当てやインフラ、物流などの面から通販部門が最適と判断したためだ。また、この秋には、eビジネス推進部が担当していた店舗情報と企業情報の発信のほか、Webサイト全体のCI(コーポレート・アイデンティティ)やビジュアルなどを本社経営企画部ブランドCI推進室に移した。これにより、同推進部はeコマースの強化に注力することになったのである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年11月号の記事