eコマースに特化した 「P.S.FA」 サイトが既存店舗への来店促進につながる

はるやま商事(株)

紳士服専門店のはるやま商事(株)。同社では、東京以西で展開している「紳士服はるやま」をはじめ、東京・新宿など関東を中心にツープライスショップ「P.S.FA」を出店する一方、東北・甲信越には「紳士服マスカット」を積極的に展開している。衣料品のオンラインショッピング市場の拡大に目を付けた同社は、「P.S.FA」の顧客層である20~30代のビジネスマンを意識し、eコマースに特化したサイトを立ち上げた。現在では、既存店舗への来店促進につながるなどネットとリアルの相乗効果が現れつつある。

若者向けツープライスショップ「P.S.FA」を関東を中心に出店

 紳士服専門店大手のはるやま商事(株)は、創業以来の基本理念である「より良いものをより安く」を実践するとともに、お客様のニーズに適応した高品質・高機能かつ、新しさを追求した商品開発に努めている。2004年2月には新社会人をメインターゲットに「脚長(あしなが)スーツ」を発売し、大きな反響を得て、「2004年日経優秀商品・サービス賞優秀賞日経賞」を受賞した。
 店舗に関しては、学生から社会人まで年齢に関係なく、「ヤマモトカンサイ」や英国の代表的なブランド「CHARLIE ALLEN」、デザイナーのドン小西氏によるデザインの「フィッチェコルツォーネ」などの紳士服ブランドを取り扱う「紳士服はるやま」を東京以西で展開。また、国内外のメーカーと共同開発した自社ブランドで、20~30代のビジネスマン向けのツープライスショップ「P.S.FA(パーフェクト・スーツ・ファクトリー)」を東京・新宿など関東を中心に展開する一方、同社の本社がある岡山県の特産品にちなんだ名称の「紳士服マスカット」を東北・甲信越に出店している。現在、同社の総店舗数は346店、売上高は約568億円を数え、従業員ひとり当たり月に221万円を売り上げるに至っている(2006年3月期)。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年11月号の記事