ネットの特性を生かした仕組みづくりと店舗との連携を両立し売り上げを拡大

(株)ソフマップ

(株)ソフマップのECサイト「ソフマップ・ドットコム」は、「店舗とは違うプラスαのサービスを提供できる」利点を最大限に活かし、品揃えの強化とサービス向上を図っている。店舗とネットで会員制度を共通化し、購買の利便性を高める施策を展開。新品、中古品を同時に購入できるようにバックヤード体制を整備した。平均客単価は店舗の約3倍と、実績を上げている。

店舗プラスαのサービスを掲げるソフマップ・ドットコム

 デジタルグッズの専門小売業として、東京・秋葉原と大阪・日本橋をはじめ全国で28店舗を展開する(株)ソフマップ。取扱商品は、パソコンならびにパソコン周辺機器、ゲーム/DVDソフト、デジタル家電、中古ハード/ソフト製品と多岐にわたる。2006年2月には(株)ビックカメラと資本・業務提携を行い、同社の連結子会社となった。
 eコマース事業の発端は1995年にさかのぼる。ソフマップではもともと、店頭商品のカタログ通販を行っており、その流れからECの仕組みを構築するのも早かった。「店舗でできることはすべてネットでも」という方針の下、同業他社に先行してネット戦略を展開。1999年には外部ベンダーにシステム構築を依頼し「バーチャルストア」をスタートした。さらに2000年には、「ソフマップ・ドットコム」と改名し、「店舗とは違うプラスアルファのサービスを提供できる」ネット戦略の核として、その位置付けをシフトした。その後、2005年12月に「ソフマップ・ドットコム」をリニューアル。サーバやソフトウエアを刷新し、データセンターを移動することで、十分なバックヤード体制を整備し、サイトの強化を図った。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年11月号の記事