ブランドイメージを損なうことなく熱烈な読者のロイヤルティ向上を図る

(株)ハーレクイン

日本にロマンス小説を根付かせた(株)ハーレクイン。100%ハッピーエンド設定のラブストーリーによる爽やかな読後感・安心感で熱烈な読者に支えられている。(株)日比谷花壇とのコラボレーションを企画し、表紙に花をあしらうことで「ロマンティック」「エレガント」「ミステリアス」などを演出。読者からの反響も良く、売り上げを伸ばしたり、読者の開拓、熱烈な読者のロイヤルティ向上を実現した。

毎月約50冊を刊行 刊行書籍総タイトル数は1万点を突破

 ハーレクイン社は、1949年にカナダの小さな出版社として誕生。その後、創始者のリチャード・ボニー・キャッスル氏は、イギリスから出版された名もなき女流作家の恋愛小説と出会い、北米での出版権を獲得。1964年には、ロマンス・フィクション専門の出版社へと移行を果たし、それ以来、世界15カ国にオフィスを持つ優良企業に発展した。現在、同社の書籍は25言語に翻訳され、世界97カ国で販売されている。
 日本では100%出資の日本法人、(株)ハーレクインがビジネスを展開。ロマンス小説の土壌のなかった日本に市場を切り開き、2004年に25周年を迎えた。現在、毎月約50冊を刊行しており、そのうち40冊がハーレクイン・ロマンスやイマージュ、シルエット・ディザイアなどのシリーズもの。刊行した書籍タイトルはすでに1万点を突破。地域や年齢などに関係なく、“ロマンス”に興味を惹かれる10代からシニア世代までの女性に広く支持され、そのうち30歳、40歳代がコアな読者層となっている。
 同社では、16年前からシリーズロマンス ファンの会員組織「ハーレクイン・クラブ」を運営。現在、会員数は約8,000名を越える。毎月、新刊案内と会報紙「ハーレクイン・ニュース」を送付し、作品情報を提供するほか、人気作家を囲むティーパーティーなどのイベントも実施している。ちなみに、ハーレクイン・クラブ会員のひとり当たりの購読数は月間約13.7冊。「ロマンスと言えばハーレクイン」と認知されるまでの不動の地位を確立した。
 また、2001年には、女性はもとより男性にも楽しんでいただけるレーベル「MIRA BOOKS」を創刊。ロマンスに加え、サスペンスやヒストリカル、ヒューマンドラマなど、多岐にわたるジャンルの文庫を刊行している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年9月号の記事