ワンセグ時代のテレビショッピングを見据えネットとケータイのインフラ整備を強化

(株)東京放送

1995年に、事業局内にショッピング部門を立ち上げ、TBS主導でテレビショッピングを展開。その後、売り場の確保を目指してネットに進出し、民放他社をリードする。

事業局内にショッピング部門を立ち上げ本格的にテレビショッピングを開始

 TBSの通販事業は1987年4月に、グループ会社の(株)グランマルシェが手掛けたテレビショッピング「新鮮卓急便」でスタート。その後、1995年に事業局内にショッピング部門を立ち上げ、TBS主導でテレビショッピングに注力し始めた。
 同社事業局が最初に手掛けたテレビショッピングは「スーパーワイド」(毎週月曜日~金曜日午後3時~)内の、タレントの大木凡人が担当するコーナー「凡ちゃんのショッピング」である。その後、午前中のテレビショッピング枠のスポンサーの契約切れを契機に、TBS主導で行うテレビショッピングに変更。また、深夜に「亜米利加的買物」というインフォマーシャルのテレビショッピングをスタートさせた。
 そのほか分社前から、「TBSラジオ」(2000年3月、TBSより分社、(株)TBSラジオ&コミュニケーションズを設立)でも独自のラジオショッピングを行っていたが、当時、ひとつの会社で2つのショッピング部門は必要ないという経営判断のもと、ショッピング事業部(現・メディアコマース事業部)に統合。現在では、同事業部がテレビとラジオの双方のショッピングを統括している。
 現在、同社が展開するテレビショッピングには、「きょう発セレクション」(毎週月曜日~金曜日午前11時ごろ)、「特選名品館」(毎週月曜日~金曜日午後3時58分~)、「ブランチショッピング」(毎週土曜日午前10時15分ごろ)、「買物大図鑑」(毎週月曜日~土曜日深夜3時10分~4時05分ごろ)、BS-iで大人気の通販番組「icollection」(月曜日~金曜日午後1時00分~1時30分、月曜日~水曜日深夜2時30分~3時00分〈再放送〉)、「TBSラジオ」(毎週月曜日~金曜日あさ5時15分ごろ、午前10時25分ごろ、毎週土曜日午前10時30分ごろ)、「E娘!」(毎週木曜日深夜2時30分ごろ~2時55分ごろ)などがある。電話・インターネット・ケータイのいずれでも注文ができるように、テレビ画面上には電話番号やURL、モバイルサイトへのアクセス方法を表示。現在では、年間約60万~70万人が同社のテレビショッピングを利用している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年8月号の記事