3フェーズの成長戦略により、日常生活のあるゆるシーンでの利用を目指す

(株)Tカード&マーケティング

全国約1,900万人(2006年2月末現在)の会員を有する国内最大の各種エンタテインメントソフトレンタル・販売店チェーンTSUTAYA会員証をベースに、TSUTAYAおよび提携企業で共通のポイント・プログラム「ティーポイント」事業を展開する(株)Tカード&マーケティング。今回は特に、日常生活のあるゆるシーンで利用されるポイント・プログラムを目指す同社の異業種提携戦略に注目した。

22社参加の異業種共通ポイント・プログラム「ティーポイント」

 TSUTAYA会員証をベースとするポイント・プログラム「ティーポイント」は、当初、TSUTAYAでのみ利用できるポイント・プログラムとして発足。しかも、その利用は会員証発行店に限られていた。つまり、その目的は、個店レベルでの会員囲い込みにほぼ限定されていたのである。
 しかし、その後、「ティーポイント」はその性格を大きく変えた。2004年4月にTSUTAYA全店でのポイント共通化を実施。また、これに先立って2003年3月に(株)ローソン、新日本石油(株)との間でポイント・プログラムに関する業務提携を締結し、同10月から運用を開始したのを皮切りに、異業種との提携を積極的に推進。2006年3月現在、「ティーポイント」への参加企業は、実に22社に及んでいる(TSUTAYA、TSUTAYA onlineを含む)。このような大きな変化は、どのような戦略によって、もたらされたのか。

0604-c2

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年4月号の記事