顧客満足度の向上に向けマイナーチェンジを積み重ねる

(有)ワイナリー和泉屋

大正11年に創業した酒販店、(有)ワイナリー和泉屋は1999年、楽天に出店。見る間に売り上げを増大させ、2002年は年商4億3,000万円を達成した。同社のメルマガ活用術と、そこに込められた「思い」とは・・・。

まぐまぐでのメルマガ配信が第一歩

 インターネット・ブームに乗ってオンラインショップを立ち上げたものの、伸び悩んでいるという企業は多い。しかし、1999年2月、楽天にワイン専門店を開設した(有)ワイナリー和泉屋のオンラインショップによる年商は、同年6,000万円、2000年2億7,000万円、2001年3億7,000万円、2002年4億3,000万円と、驚異的な伸びを示してきた。ワインのチャネル別売上構成比は、店舗5%、Web95%。総売上のチャネル別構成比は店舗25%、Web75%となっている。
 同社は酒販店のみを経営していた当時から、代表取締役の新井治彦氏が自ら商品を詳しく紹介したパンフレットを月1回のペースで発行。店頭で収集した約200名の顧客リストに対し、DMとして郵送していたという。しかし、印刷代や郵送費がかさみ頭を痛めていたところ、ワイン会を主催する友人からメルマガ配信サービス「まぐまぐ」を紹介された。1998年11月から「まぐまぐ」を通した情報配信をスタート。約2,000名に対して週1回のペースで送信したメルマガは、驚くべき効果をもたらした。何と、送信開始1カ月で200万円を売り上げたのある。「メルマガで商品が売れる」。店舗経営に限界を感じ始めていた新井氏は、メルマガというツールの力を確信。1999年2月に楽天にワイン専門店 「ワイナリー和泉屋」を出店した。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2003年3月号の記事