ネットで注文、店舗で受け取り トータルとしての競争力を重視

(株)キタムラ

インターネットを通して商品を販売する。しかし、それはいわゆる“通信販売”ではない。インターネットと店舗の連携を強め、顧客を店舗に誘導することによって、企業としての競争力を高めていく。それが、(株)キタムラのクリック&モルタル戦略だ。

ネットの売り上げは全体の2% 今期30億円弱と予測

 本社を高知県に構える(株)キタムラは、「カメラのキタムラ」を中心に、全国に約550店舗を構える。ほぼすべてが直営店だ。カメラ・デジタルカメラや写真関連商品を販売するだけでなく、フィルム現像やデジタル画像を銀塩写真に仕上げるプリントサービスも行っている。
 同社がインターネット事業に参入したのは1995年だが、ネットを通したカメラの販売業務を本格スタートさせたのは、1999年6月のことだ。現在、新品、中古品の双方を扱うほか、2000年にスタートさせた「ネットプリントサービス」が好評となっている。インターネットを通した売り上げは全体のおよそ2%で、2002年10月実績が2億円。2002年度で30億円弱を見込むが、通販・インターネット事業部事業部長の岩崎賢剛氏は、「インターネット事業は単なる通信販売ではない」と言い切っている。その真意はどこにあるのか。現在、同社が行っているインターネットと店舗を連動させたサービスを詳しく見ながら説明しよう。

キタムラ

ホームページのトップ画面 URL:http://kitamura.co.jp/

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2002年12月号の記事