コールセンターが営業活動を担当

(株)リクルート フロム エー

数多くの求人情報誌を手掛けるリクルートグループは、クライアントとのオペレーションの点で、従来とは異なる求人情報誌「タウンワーク」を発刊している。これにおけるコールセンターの役割はずばり“営業”である。

“ローカル・トゥ・ローカル”の情報誌を

 「フロム・エー」「とらばーゆ」「ビーイング」などの求人情報誌を数多く手掛けているリクルートグループ。その中で「フロム・エー」を発行する(株)リクルートフロム エーでは、新たな試みとして1998年11月より、地域密着型の求人情報誌「タウンワーク」の発刊に乗り出した。
 「タウンワーク」のコンセプトは“ローカル・トゥ・ローカル”。「フロム・エー」などは首都圏、関西圏、東海圏を中心とした求人情報誌であり、都心に位置する企業へのレスポンスは抜群であるものの、「千葉、埼玉といった都心近郊の求人ニーズに必ずしもフィットしない場合があった」と語るのは、同社センター統括室 室長金子正一氏だ。
 同氏は「フロム・エー」などに携わるかたわら、常にこの問題に頭を痛めていたという。その解決策のひとつとして発刊されたのが「タウンワーク」なのである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2002年7月号の記事