顧客との対話を通じてナレッジを共有

(株)吉田オリジナル

「お客様が第一」「お客様との永いおつきあい」が経営理念

 オリジナル・ブランド“イビザ”を擁する(株)吉田オリジナルは、40〜60代の女性を中心に、圧倒的な支持を受けている革製バッグ・メーカーだ。1965年の創業以来、「お客様が第一」「お客様との永いおつきあい」を経営理念に掲げている。“イビザ”ブランドは1965年の会社設立後、1972年に発足。現在では全国に97万人の熱烈なファンをつかむビッグ・ブランドに成長し、年商は45億〜6億円に上る。1975年には販売ルートを刷新。顧客の生の声を聞き、それを商品作りに活かしたいとの思いから、すべての商品を問屋を通さず自身で販売する方針に切り替えた。また皮革問屋としての業務は廃止し、バッグの製造・販売のみに専念するようになった。
 “イビザ”ブランドの人気の秘密は、素材の厳選から企画、製造、卸、販売、アフターケアまで一貫した責任ある体制だ。特にアフターケアには注力しており、修理専門の部署を設け、永久に同社商品の修理を行うサービスを謳っている。ここには月間1,600〜2,000件もの修理依頼が殺到。その人気の程をうかがわせる。こういった顧客第一主義の経営が認められ、1998年には「日本経営品質賞」を受賞。さらなる躍進を図っている。ちなみに“イビザ”とは、ハンドバッグの先進国であるスペインの地中海に浮かぶ素朴で美しい島、イビザ島から採られたものだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年12月号の記事