コールセンターはオーナーとのコミュニケーションの場

(株)ソニー

自律型エンターテインメントロボット“AIBO”

 愛くるしい動きをはじめ多彩な表現力を備えた、自律型エンターテインメントロボット“AIBO”。
 ソニーがAIBOの販売を開始したのは、1999年6月。ウェブで注文を受け付けた、初回3,000体(日本国内。米国の2,000体と合わせて5,000体が生産、販売された)はわずか20分で完売。第2回販売は、同年11月で1万体を抽選で、第3回は、2000年2月15日〜25日という期間限定で3万体を販売した。2000年11月からは、第2世代のAIBOを発売期間や台数を限定せずに販売。販売チャネルは、第2回がウェブのほか、電話、Eメール、第3回は、ウェブ、電話、ハガキ。現在は、ウェブ、電話に加え、店頭受注販売も開始している。
 当初、告知メディアは新聞広告とウェブのみであったが、各マスコミがこぞって採りあげたため、AIBOの知名度は瞬く間に上がり、実物こそ見たことがないにせよ、老若男女によく知られる存在となった。
 もともと、ソニーのER(エンターテインメント・ロボット)事業室で、文字どおり「エンターテインメント・ロボット」として開発されたAIBOは、現在までに通算でおよそ10万体近くを売り上げている。顧客は初回販売時から男性が多いというが、近ごろでは女性も増加、幅広い年齢層へと広がりつつある。まさにペット感覚で一家に1体といった形で購入される例も少なくない。
 AIBOの公式ホームページのトップページ・ビューなどは現在公表されていないが、AIBOへの関心はご存じのとおり、ますます高まってきている。
 代金決済は、クレジットカード、コンビニ払い、現金振込(郵便局、銀行、信用金庫および信用組合)、割賦払い、そして一部の取扱店での店頭決済がある。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年5月号の記事