「Loppi」を軸に独自のサービスを展開

(株)ローソン

店頭端末「Loppi」の改善

 全国47都道府県におよそ7,600店舗を展開するナショナル・チェーン、(株)ローソン(以下、ローソン)。
 同社では1997年から、マルチメディア端末「Loppi」の全国導入を進め、98年から本格的な稼動をはじめている。「Loppi」で取り扱う商品は、「通常では手に入りにくいもの」や「限定販売の品」。(株)日本交通公社(以下、JTB)との提携による旅行・航空券をはじめ、書籍、CD/DVD、ゲームソフトの書き換え、各種申込サービス等がその主なところである。中でも「お気楽トンボ」というJTBの当日宿泊プランは高い人気を博している。これはJTBの支店店頭では手に入らない「Loppi」だけのオリジナル商品であり、後述の「@LAWSON」のコンテンツ同様、ローソンのこだわりである「ここでしか手に入らないものの提供」を具現化しているひとつの例である。導入当初からの、関連企業であるローソンチケットが取り扱う興業チケットの新たな流通システムを構築するという狙いもあって、現状、「Loppi」取扱高の6〜7割はチケットが占めている。
 従来のサービスに加え、今年1月末からは住友クレジットサービス(株)の、2月5日からはアコム(株)、(株)武富士の随時返済サービスを開始しており、24時間いつでも返済が可能とあって、着実に実績を上げている。「Loppi」は店頭端末としては他社と比べて導入時期が早かっただけに、現在、反応のスピードなどの課題も浮上している。しかし、年内には機能を改善したサーバーを導入することにより、処理速度のアップはもちろん、音楽配信やプリントといった新サービスの提供を実現する。また同時に、店頭でのサービスも拡大し、 後述するiモードや次期java搭載機種に対応した、携帯電話を使用してのサービスなどが追加される予定。

GIRL'S@L

@LAWSONのGIRL’S@Lのコーナー(http://www.at-lawson.com/)

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年4月号の記事