営業支援のため電話フォロー活動を展開

第一生命保険相互会社

創業100周年に向けて中期経営計画を策定

 第一生命保険相互会社は、創業100周年を迎える2002年を控え、従来からの基本方針である「社会からの信頼確保」、「最大のお客様満足の創造」、「職員・会社の活性化の実現」に向けて、2000年度から2002年度までの中期経営計画を策定した。同計画では「収益力、競争力の向上」、「お客様満足の向上」、「コスト効率の向上」の3つを中期経営目標として掲げ、これを個別の具体的な経営方針の前提、ならびに事業運営における基本的な判断指針と位置づけている。
 経営方針のなかで注目されるのは、「生涯設計」の推進。これは就学、就職、結婚、子供の誕生、子供の独立、退職、老後というライフステージをトータルにカバーし、また病気・ケガ、介護などのさまざまなリスクや不安を解消するため、「良質な提案」と「良質な商品」に基づく「良質なサービス」を、一生涯にわたってお客様に提供することを目的にしている。
 「良質な商品」については、顧客ひとりひとりのニーズにあった「備える」「貯める」「殖やす」をテーマに商品開発を強化し、適正な価格で提供していく。現在、好評を得ている定期付終身保険「堂々人生」(99年10月発売)は、3月現在で契約者45万件を突破。3大成人病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)になった場合、それ以降の保険料払い込みが免除される特約「ハイバリュープラン」や、顧客単位で保険金額を合算して高額割引を判定する「とくとく割引サービス」、預けている資金を引き出すことなく、手数料なしで投資信託の購入が可能となる「資金移動サービス」が特徴で、これまでの保険以上にライフステージに合わせたサービスを充実させている。

第一生命保険相互会社のホームページ画面(URL:http://www.dai-ichi-life.co.jp/index0.html)

第一生命保険相互会社のホームページ画面(URL:http://www.dai-ichi-life.co.jp/index0.html)

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年5月号の記事