スキルとコール状況の科学的分析でクオリティとパフォーマンスを最適化

AOLジャパン(株)

初心者対象にコンテンツを充実

 AOLジャパン(株)は、米国のISP(インターネット・サービス・プロバイダ)であるアメリカン・オンライン(2000年1月にタイム・ワーナーと合併、AOLタイム・ワーナーとなる)と三井物産、日本経済新聞社の合弁会社として1996年2月に設立。翌年4月からインターネット接続サービスを開始した。
 1999年3月現在、会員数は41万人を超える。女性が51%と多いのが特徴だ。会員の平均年齢は32.5歳。18〜34歳が65%を占める。最近では25〜34歳の女性の増加が目立ち、主婦や定年後の男性の間でも利用が拡大している。
 入会方法はいたって簡単。同社専用ソフト(パソコンの Windows98などのOSにバンドルされ、雑誌付録や店舗などでも入手可能)をインストール後、アクセスポイントの電話番号を選んで接続すると、「入会手続きへようこそ」という新規登録の画面が表示される。そこで氏名・住所・電話番号など個人情報を入力すると、Eメールのアドレスが指定され、登録完了となる。
 会員獲得手段は、駅や一般誌、初級者向けのパソコン雑誌の広告など。CD-ROMとのタイアップ広告なども行っている。戦略上、同業他社と比べて女性誌などへの広告出稿が多い。また現在、テレビCMも検討中だという。
 会員のリテンション(維持)の面では、入会期間の長い会員にはグッズなどを抽選で進呈。新しい接続用ソフトは会員には原則無料で発送している。
 同社は同業他社と異なり、自社独自のコンテンツを原則として無料で提供している。懸賞や金融、証券のコンテンツにも力点を置き、会員であれば銀行や証券会社の初年次口座管理料が無料になるなど多様なサービスを用意することで、顧客の獲得と維持を図っている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年4月号の記事