既存店舗との相乗効果で総合的な生活支援を推進

(株)西友

1995年に自社サイト開設

 1963年に(株)西友ストアーとして創立されたGMS(総合スーパー)、(株)西友は1999年11月23日現在、22都道府県に192店舗を構える。1999年度の営業収益は9,526億3,300万円。最近は環境マネジメント・システムの国際規格「ISO14001」の認証を取得するなど環境活動にも積極的に取り組んでいる。
 同社のインターネットへの取り組みは1995年の自社サイト開設に始まる。当初は、日本におけるインターネット利用が個人と企業の両レベルで急拡大する中で、自社のドメイン名を先行取得するのが狙いだった。そして1999年11月23日、ネット通販のサイト「e-西友楽市オンラインショップ」を開設。日本の仮想商店街サイトの最大手「楽天市場」に出店することで集客力の確保を図った。開設した背景には、総合スーパー(GMS)のシェアが品ぞろえや価格、商品知識で差別化を図る専門店に侵食される中、B to C(企業—消費者間取引)分野での成長が見込まれるECの動向を把握したいとの思惑がある。
 取扱商品は常時450〜500アイテム。生鮮を含む食料品、ギフト向け商品、PB(プライベート・ブランド)の衣料品や生活雑貨などを中心に、今後の需要を見越した介護用品なども扱う。店舗では扱わない健康器具などの商品の限定販売や「バイヤーのおすすめ商品」の紹介も検討中。商品構成は顧客の要望に合わせて変えるようにしている。商品の差し替えは、大規模なものは2週間に1回、単品についてはその都度行い、サイトのページの細かい更新は毎日行っている。
 商品は注文後1週間前後で届く。送料は、原則として一品450円。店舗で送料が無料の商品はネットでも無料で配送している。在庫管理、および受注や発送、代金回収などは同社のグループ内企業、二光(株)が請け負い、電話受け付けは現在は1名で対応。支払いはクレジットカード、代金引換、商品配達後の振込み(郵便局、銀行、コンビニ払い)の3種類から選べる。
 集客については、パソコンやギフトの売場に「ようこそ、e-西友楽市オンラインショップへ!」と書かれた名刺大のカードを置いたり、チラシにロゴを入れることで認知度の向上をめざす一方、ネット上では検索エンジンへの登録、バナー広告、Eメールなどを利用している。また、同社のデータベースに登録された顧客に対しては、ページ更新やプレゼント企画の案内、季節折々のメッセージをEメールで送信するなど、リピーターのつなぎとめも忘れていない。
 顧客データは、出店先の楽天市場のサーバで管理し、分析は同社で行っている。登録顧客数は2000年1月現在約3,000人。今後は顧客の購買歴を、年齢・性・居住地・職業・家族構成などの属性別に分析することで、より細かい顧客対応をめざしている。

仮想商店街「楽天市場」に設けられた西友の「e-西友楽市オンラインショップ」(URL:http://www.rakuten.co.jp/seiyu/) 仮想商店街「楽天市場」に設けられた西友の「e-西友楽市オンラインショップ」(URL:http://www.rakuten.co.jp/seiyu/)

仮想商店街「楽天市場」に設けられた西友の「e-西友楽市オンラインショップ」(URL:http://www.rakuten.co.jp/seiyu/)

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年3月号の記事