オフィス消耗品購入に関わるあらゆる無駄を省きトータルな経費削減を実現

コクヨ(株)

ユーザー企業、販売店の業務コスト削減を目的に「べんりねっと」を開発

 コクヨ(株)では、インターネットや企業内で構築されているイントラネット、LANを活用して、販売店が行っている企業ユーザーからの受注をシステム化し、ユーザー企業、販売店の双方の業務コストを削減する、オフィス用品購買ネットワークシステム「べんりねっと」を開発。1997年10月より、サービスを開始している。
 「べんりねっと」の開始には3つの背景がある。ひとつめは、ユーザー企業におけるネットワークを活用したコスト削減ニーズの高まり。2つめは、外資系文具小売業の日本参入。3つめが、パソコンの機能向上と、企業内における情報ネットワークの整備である。
 同社では、1987年より、同社から専門卸店である総括店、販売店までを結ぶ情報ネットワーク「KROS(クロス)」を完成させ、現在では3,500台の端末を稼働させている。「KROS」は、販売店の発注端末であり、メーカーの在庫と総括店の在庫をトータルで管理するシステム。販売店が発注すると、まず総括店にその商品の在庫の有無を照会し、在庫があればそこから、在庫がない場合は同社から商品を配送する。これにより、納期の明示が可能となり、流通、在庫の効率化も実現した。同社では、これと同様の仕組みをユーザー側のシステムに採り入れることを検討したが、当時は企業内のネットワーク環境が未整備だったことに加え、パソコンの能力の限界、コストなどを理由に開発を断念した。
 しかし、ここ数年の間にパソコンの能力が大きく向上。企業内における情報ネットワークの構築も進んだ。また、これにともなって、ネットワークを活用して人件費などのコストを削減したいという新たな企業ニーズが生まれ、景気低迷が続く中で、そのニーズはさらに高まっていったのである。
 一方で、近年、オフィス・デポをはじめとする外資系文具小売業の日本参入が相次ぎ、話題となったことは周知の通りである。文具の流通において日本と米国のそれを比べると、日本ではメーカーが流通を司ってきたが、米国では販売店が流通を司ってきたという違いがある。メーカーにとって、低額、多頻度な文具流通における販売店の価値は大きかったと言える。そこで同社では、リテール・サポートの一環として「べんりねっと」を開始。また、オフィス・デポなどでは豊富な品揃えと低価格を“売り”にしているが、小売り価格はともかく、納品分野での販売価格には大きな開きがあるわけではなかった。そこで同社では、販売店の煩雑な業務をサポートする仕組みをつくり、ローコストオペレーションの実現を目指したのである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1999年6月号の記事