通販はユーザーのチャネル選択のひとつ

オムロンツーフォーサービス(株)

既存販売ルートをカバー

 オムロンツーフォーサービス(株)は、制御機器の国内市場の約40%を占めるトップメーカー、オムロン(株)の子会社。小口ユーザーを対象としたB to Bダイレクトマーケティング事業「ツーフォーサービス」を展開している。
 オムロン(株)の販売ルートはその約9割が特約店経由。しかし、こうした特約店経由の販売では、大口で信用のあるユーザーにサービスが集中し、小口ユーザーへの対応がなおざりになりがちだ。しかも、緊急納品や時間外受注などのきめ細かい対応は難しい。
 そこで、同社では小口ユーザー対応策として、会員制の通販を開始した。これは同社が以前から営業部隊の販促支援の一環として行っていたダイレクトマーケティングを発展させたかたち。1994年8月にオムロンツーフォーサービス(株)として分社化。同年12月から営業を開始した。
 「ツーフォーサービス」の名称は必要な商品を24時間以内に届けるというコンセプトから生まれた。会員登録を行うと、会員番号とカタログが送られてくる。会員がカタログを見て、注文すると、同社の受注センターから配送センターに情報が流れ、翌日、会員に商品が届けられる仕組みだ。
 開始当初は、オムロン(株)が既存顧客に情報提供の一環として年4回送付するダイレクトメールを通して会員を募集。カタログ「ベスト」で、関東甲信越地域を中心にオムロン製品を販売し、2年間で会員数を1万4,500件に伸ばした。
 さらに1997年4月からは、メーカー30社とタイアップしてオムロン製品と競合しない他社製品の取り扱いも開始。これを機にサービスを本格化させ、エリアを全国に拡大するとともに、新カタログ「Just Parts」を創刊した。同時にダイレクトメールに加えて、インダストリアル系の専門雑誌への会員募集広告の掲載を開始し、1年間で2万件の新規会員を獲得。1999年3月末現在の会員数は5万1,000件となっている。
 「Just Parts」(A5判、約700ページ)は年1回発行で、初回は3万5,000部、1998年6月には5万部と現在までに第2版まで発行。第3版となる次回1999年版は、10万部の発行を予定している。オムロンの制御機器1万仕様、配線アクセサリ、盤用機材などの他社製品3,000仕様のほかに、教育関連商品やエコロジー関連商品、事務機・OAサプライと取扱商品の幅は広い。一部製品への名入れや製品の加工も請け負っている。
 同社ではカタログ以外にも、会員向けに年3~4回ダイレクトメールを発送し、新製品など、カタログに掲載されていない商品を案内している。

カタログ「Just Parts」は年1回発行。ダイレクトメールは年3?4回の割合で会員に送られる カタログ「Just Parts」は年1回発行。ダイレクトメールは年3?4回の割合で会員に送られる

カタログ「Just Parts」は年1回発行。ダイレクトメールは年3?4回の割合で会員に送られる

カタログを見て製品を選び、ホームページ(URL:http://www.omron24.co.jp)から注文することもできる

カタログを見て製品を選び、ホームページ(URL:http://www.omron24.co.jp)から注文することもできる

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1999年6月号の記事