納期短縮により小口ユーザーの満足度向上を実現

アルプス電気(株)

新市場・新規顧客開拓の仕組みとして誕生

 昨年で創業50周年を迎えた総合電子部品大手、アルプス電気(株)では、1994年12月1日から、大手メーカーの設計・開発部門を含む小口ユーザーを対象としたB to Bダイレクトマーケティング事業「電即納」を実施している。
 同社では、大手電機メーカーを対象に民生機器、通信機器、情報機器などの電子部品を供給しているが、1980年代後半以降、民生機器のセットメーカーを中心にして大量生産品の海外生産への切り替えが相次ぎ、同社の顧客も40?50%が海外に生産の場を移した。そこで、これら海外における需要に対応するため、海外生産拠点と販売拠点の拡大を推進する一方で、国内における新たな市場を切り拓くために、1994年11月1日、技術と営業のスタッフ各10名を配した市場開拓部を設置。新市場・新顧客の開拓、および既存の流通ルートでは十分にカバーできない小口ユーザーへの対応を目的に「電即納」を開始した。
 「電即納」の流れは次の通りだ。ユーザーが「電即納」に申し込むと、同社からカタログが送られてくる。カタログはA4判、25ページ。スイッチやボリュームなど2,600品種の製品が掲載されいる。ただし、このカタログには注文に必要な仕様や寸法は掲載されていない。ユーザーはカタログに掲載されているフリーダイヤルでFAX情報BOXにアクセスするか、ホームページにアクセス。カタログ掲載の製品番号をもとに情報を取り出して、仕様と寸法を確認してから注文する仕組みだ。同社では「電即納」開始に当たり、紙媒体をなるべく使わずに、ユーザーが必要な時に必要な情報を取り出すことができる、電子化・自動化された仕組み作りを目指した。そのため事業の開始時からFAX情報BOXを採用、1997年10月からはホームページをそれに加えた。
 受注はFAXとWeb上で24時間行っている。FAXによる受注は75?80%。インターネットは20?25%だが増加傾向にある。そこで同社ではより見やすく、使いやすく、注文しやすい画面をユーザーに提供しようと、1999年5月1日に画面をリニューアルした。注文の最低ロットは5個、もしくは10個。一部の地域を除き、16時までの受注については即日発送、翌日には到着する仕組みだ。商品代金は原則的に代引きで回収している。

FAX情報BOXの場合には、BOX番号を入力して仕様書と注文書を取り出す FAX情報BOXの場合には、BOX番号を入力して仕様書と注文書を取り出す アルプス電気(株)のB to Bカタログとホームページの注文画面(URL:http://www4.alps.co.jp/)

アルプス電気(株)のB to Bカタログとホームページの注文画面(URL:http://www4.alps.co.jp/)

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1999年6月号の記事