“顧客”を中心に据えたマーケティング展開を目指して

(株)住友銀行

与信にデータマイニングを活用

 金融ビッグバンの最中、マーケティングの見直しが進む金融業界にあって、(株)住友銀行は最も早くからMCIF(Marketing Customer Information File)の構築に取り組んだ銀行のひとつだ。このMCIFは段階的にシステムを拡張してきたが、昨年から今年にかけて大きな変更が加わり、この10月に新たなフェーズの完成を迎えると、いよいよ顧客データの本格活用が開始されることになる。
 これに先立ち、同行ではこの4月から、約2年間を費やして開発した「自動審査システム」の活用を開始している。これは、過去のローン利用者の属性、および返済状況に関する情報を、データマイニングの手法を使って分析し、この結果からモデルを作成。ローン申込者の属性データをこのモデルに当てはめ、返済能力の有無を客観的に判断する仕組み。以前は書面を顧客から同行へ、さらに保証会社へと郵送で送り届ける必要があったためにタイムロスが大きかった。また、保証会社では、書面のデータを種々の信用情報データと1件1件つき合わせていたため、作業が煩雑だった。自動審査システムを用いることによって、データ分析そのものが自動化したばかりでなく、同行と保証会社との間の審査データのやり取りがオンライン化したため、審査にかかる期間が1週間から2日へと、大幅に短縮した。
 また、自動審査システムの導入によって、これまで担当者によってまちまちだった判断基準が統一できた。開始後6カ月の現在、審査の精度がどれだけ向上したかについての結論は出ていないが、審査のルールが明確であることから、一定期間を経た後に結果を科学的に検証し、さらなる精度向上を図っていけるのが自動審査システム採用の大きなメリットだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年10月号の記事