快適なパソコン・ライフをサポートする「富士通パソポート」

富士通 (株) 

富士通とグループ会社が一体となってトータルなサービスを提供

 96年度のパソコン出荷台数、約200万台のうち、約40%を個人顧客が占めるという富士通(株)では、96年以降、B to Cのサポート体制強化に力を入れてきた。
 B to Cのサポート&サービスの総称は「富士通パソポート」。「教室・教材」「サポート窓口」「情報提供」を3本柱に、対面、電話、FAX、インターネットなどさまざまなメディアを通して、快適なパソコン・ライフのための種々のサービスが提供されている。
 サービス提供の窓口は数多い。たとえば購入前は、全国72カ所にあるショールーム「富士通プラザ」、同社、および、グループ会社のインターネットのホームページ、自動応答による「FAXサービス」や「テレホンガイドJ、書店で販売されているパソコン情報誌『FMVファミリー』などで製品情報を得ることができる。また購入後の操作方法などについての相談は、フリーダイヤルの電話窓口「FMインフォメーションサービス」、パソコン通信「NIFTYServe」のフォーラム「FMINFO」、同社のホームページの1コーナー、「FMWORLD」で受け付けている。それぞれのお客様が最も都合の良い経路でほしい情報にアクセスできるよう、幅広い選択肢が用意されているのだ。
 このような手厚いサポート&サービス体制の整備は、同社のみならず、ソフトウェア、修理・保守、セミナーなどの各分野を担うグループ会社がノウハウと労力を結集してはじめて可能になったもの。企業の枠を超えて情報を共有化し、一体となって、トータルなサービスを提供しているのである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年12月号の記事