加熱しない生詰めワインを、会員に直販 vino club(ヴィノクラブ)

カーブドッチ ワイナリー

欧州方式で“本物”のワインづくりを

 鹿児島県に生まれ、西ドイツ国立ワイン学校で学んだ落希一郎氏が、ぶどうづくりに最も適した土地を求めて新潟県巻町に「カーブドッチ ワイナリー」を設立したのは、1993 年 10 月。これに先立ち、同年 3 月から、ぶどうの苗木のオーナー制度「ヴィノクラブ」の会員募集を開始した。
 ワイナリーでつくられるのは、原料にこだわり、混ぜものをせず、加熱殺菌せずに仕上げる生詰めワイン。「ワインづくりは農業そのもの」と言う落氏が、ぶどうの栽培から醸造まで一貫して、責任を持ってつくり上げる。
 「ヴィノクラブ」は、ぶどうの苗木がやがて実をつけ、ワインになる過程を自分の目で確かめ、ワインに関する正しい理解を深めてほしいという想いから生まれた制度。1 万円の入会金を支払って会員になると自分の苗木が決まり、その後 10 年間、1 本ずつワインがプレゼントされる。10 年間という期間を設定したのは、本当にワインを知ってもらうためにはそれだけの年月が必要だと考えたからだという。
 その間、会員はいつでも好きな時にワイナリーを訪れ、自分の苗木と対面し、会員専用のゲストルームでワインを試飲することができる。また、苗植え、ぶどう摘み、仕込みに参加し、ワインづくりを体験できるほか、各地でオーナー同士の交流会も開催されている。
 生詰めワインは加熱していないため、出来上がった後の取り扱いが重要。この点からも、既存の流通経路を通さず会員に直送するシステムは有効だ。年間に生産される約 10 万本のワインのうち約 8 割は、ワイナリーを訪れた人に、あるいは通信販売でといったように、直接エンドユーザーに販売されている。
 残りの 2 割は全国約 100 の酒販店に卸しているが、取引開始に当たっては、店主と会ってワインに対する考え方を聞き、店舗を訪れて適切な保管を徹底できるか否かの確認を怠らない。取り引きしている店舗の大半は、冷蔵保管設備の整った日本酒専門店であるという。

ワイナリーには年間何十万人もの人が訪れる

ワイナリーには年間何十万人もの人が訪れる

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年1月号の記事