和洋書合わせ300万タイトルの注文OK

(株)紀伊國屋書店

「店舗」の強みを生かして

 (株)紀伊國屋書店パーソナルセール部はこの 10 月、総数 300 万タイトルの和洋書をインターネットを介して自由に検索・注文できる「KINOKUNIYA BOOK WEB」(http://bookweb.kinokuniya.co.jp)をスタートさせた。同社では約 10 年前から、主に学者や研究者を対象に、パソコン通信を活用して同社の在庫管理用のデータベースから和洋書を検索できるサービス「KINO DIAL」を提供してきたが、これをより使いやすく、より多くの人に利用できるように発展させたもの。これにともなって「KINO DIAL」は今年度で廃止し、この会員は自動的に「BOOK WEB」に移行させる。
 同サービスの最大の“売り”は和書 120 万、洋書 180 万タイトルという膨大な商品数だ。180 万タイトルの洋書の確保は、米国の大手取次店 B&T(ベーカー・アンド・テーラー)との提携によって可能になった。書籍と言えば、米国にはベンチャー企業が提供する有名な人気サイト、Amazon.comがあるが、こちらの取り扱い総数は、もちろん洋書のみで 100 万タイトル。さらに日本から注文するのであれば、「BOOK WEB」のほうが通信料金が安く済むばかりでなく、多くの場合、商品到着までの期間も圧倒的に短い。在庫を持たず、受注後に出版元に商品を発注する Amazon.comに対し、同社は新宿本店にある 100 万タイトルの在庫を活用することができるからだ。
 ここ数年、同社の洋書売上は伸び悩んでいたという。このひとつの原因として、インターネットで直接海外に書籍を注文できるようになったことが考えられる。「BOOK WEB」には、海外サイトに流れていた顧客を呼び戻そうという目算もある。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1996年12月号の記事