多様なメリットを永続的に提供

(株)第一勧業銀行

業界初のポイントシステム

 金利自由化などの規制緩和を受けて、ダイナミックな変容を遂げつつある金融業界各社。その中で(株)第一勧業銀行は、この 10月 l 目、取引メニューが多い顧客に、金利の優遇などの特典を付与する新タイプのサービスをスタートさせる。
 新サービスの名称は「ハートのエース」。給与振込、年金振込、ハートカード、財形預金、つみたてプランなど指定されたサービスのいずれかを利用しており、なおかつ定められたポイント数を満たしていれば、金利優遇や手数料割引などの特典を受けられるというもの。特典を受けるために必要な取り引きと、特典の内容は表の通りである。ポイントは営業店ごとに集計。同一営業店との取り引きであれば、複数の口座を合算することができる。
 これまで、各行の顧客サービスは、特定ターゲットに対して、期間を限定し、ひとつのメリットを提供するというスタイルが主流だった。たとえば、 ○ 月○ 日までに給与振込の契約をした顧客に抽選で××をプレゼントするといった具合である。

西田ひかるをキャラクターに起用した、サ ービス告知ポスタ一

西田ひかるをキャラクターに起用した、サ ービス告知ポスタ一

 「ハートのエース」はこれとまったく発想を異にしている。すなわち、「誰でも」「永続的に」「さまざまなメリットを」享受できることが基本コンセプトだ。
 多様なニーズを持つ顧客それぞれが、望むようにメリットを享受できること、それによって同行をメインバンクとして利用する優良顧客が増加することを同行では狙っている。
 国内ではもちろん、海外にも例がないこのユニークなサービスは、現在、実用新案出願中である。

申込書を兼ねた「ハートのエース」パンフレット

住所、氏名や現在のポイン卜数を明記。捺印するだけで申込書に早変わりする、パーソナライズされたダイレクトメール

住所、氏名や現在のポイン卜数を明記。捺印するだけで申込書に早変わりする、パーソナライズされたダイレクトメール

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1996年10月号の記事