話題の番組ズームアップ

テレビショッピングが活況を呈している。従来のテレビショッピングのスタイルとは異なる新たな番組が続々と登場しているのだ。バリエーションが豊富になるということは、テレビショッピングの利用者を様々な層に拡大することにつながる。この章では、話題の番組に焦点を当て、テレビショッピングの新潮流をレポートする。

インフォマーシャルの新風を吹き込んだ「テレ・コンワールド」

 テレビショッピングがホットな話題として採り上げられるようになったきっかけとも言えるのが、1994 年 7 月からテレビ東京でスタートした「テレ・コンワールド」。深夜 2 時. 3 時台のオンエアであるにも関わらず評判を呼ぴ、現在ではその他のローカル局とも提携し、ほほ全国で放映している。
 仕掛人は三井物産だが、事業主体はテレビショッピングにおいて 10 数年の実績を持つ米国・ナショナルメディア社で、三井物産は受注や物流などを支援している。
 なぜ同番組が注目されるのか。テレピショッピングの新スタイルである「インフォマーシャル番組」だから必見、という仕事熱心な向きもあるだろうが、やはり単純明快に、一般視聴者にとって「おもしろしい」からではないだろうか。一般視聴者に同番組の印象を聞くと「もろにアメリカン・ジョークという感じのトークが、ヘンでオモシロイ」 「1 商品を30分もかけて説明するんだけど、とにかくテンポが速くて、つい引き込まれる」という答えが返ってくる。たたみかけるような語り口、観客参加の実験を多数盛り込む点など、ノリとしては実演販売に非常に近い。一説に「日本の一般的なスタジオ撮りのテレビショッピングに比べると、 7 ~ 8 倍の予算をかけているだろう 」 と言われるだけあって、商品テストのためにロールスロイスに火をつけてしまうといった派手な演出も見られ、とにかくエンターテインメントとして楽しめる構成だ。
 放映開始から 1年強の間に扱ったアイテムは 20点。取り扱う商品ジャンルは①カー用品、 ②健康用品、③キッチン用品が中心だ。絞り込まれたこの 20 アイテムの中から毎回 2 点を選び、 1点当たり約 30分を費やして繰り返し紹介する。最もヒットしたのは、汚れを強力に落とし、つきにくくする車のコーティング剤 「オーリ」( 5,800 円)で、これまでに約 50 回放送し、合計数万個を販売した。消耗品であるため、リピーターも相当数いるという。
 深夜番組なので視聴者は自由業や学生が多いかと思いきや、「包丁セットなどもコンスタントに売れており、客層は予想以上に幅広い」(三井物産担当者)。現在、顧客データの保有数は数十万件に達しているが、これの活用についての議論はまだ早いとみている。特にカタログや D M などへの展開については、紙メディアの行く末が案じられていることもあり、現段階では計画されていない。
 さて、好調の要因を当の三井物産はどう見ているのだろうか。「一言でいうとすれば、商品の持っている力。ナショナルメディア社の M D のノウハウが最大の差別化ポイント」。

派手な演出で楽しめる「テレ・コンワールド」

派手な演出で楽しめる「テレ・コンワールド」

 インフォマーシャルは今後ますます増加すると見込まれているが、 1商品に多大な時間を割いて説得を重ねていくこの形態においては、当たり前のことながら説得材料をどれだけ持った商品であるかが、最大の鍵となる。まず商品ありき、という視点を持たずして成功はあり得ないといえよう。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1995年10月号の記事