コンタクトセンター最前線(第135回):証券会社と銀行の新しい形「証銀連携」を下支え

(株)大和ネクスト銀行

大和証券グループのインターネット銀行、(株)大和ネクスト銀行は2011年の開業以来、着実に口座数や預金残高を伸ばしている。特長は、効率経営で実現した好金利と、証銀連携による利便性。サービス面では「大和ネクスト銀行サポートセンター」が、ネット銀行ならではの不安解消に一役買っている。

金利水準は国内トップクラス 投資家向けサービスが充実

 (株)大和ネクスト銀行は大和証券グループのインターネット銀行で、(株)大和証券グループ本社の100%出資により2010年4月に設立、2011年5月から営業を開始している。
 一般に証券会社では、株式や債券などの金融商品の取引を希望する個人投資家に、資金を運用する証券口座の開設を求めている。しかし、こうした証券口座は、入出金を利用者の側で管理する必要があることに加え、銀行振込で入金する場合には手数料が掛かるなど、利用者に一定の負担が生じることは避けられないと考えられてきた。
 しかし、大和証券グループでは、同行と大和証券(株)が営業面で連携する新しい「証銀連携モデル」により、個人投資家向けにワンストップのサービス提供を推進している。例えば、個人投資家向けの代表的なサービスである「スウィープサービス」は、銀行口座を証券口座と連携させることで、大和証券の商品取引時に自動的に資金の振替ができ、かつ振替手数料不要のサービス。投資の待機資金を好金利の普通預金で無駄なく運用できるのが特長だ。
 また、ネット銀行は一般に、リアル店舗への投資を抑えることで経営の効率化が可能と言われているが、同行は自行と大和証券の双方に口座を保有する「ダイワのツインアカウント」のお客さまの窓口を大和証券の店頭およびコールセンターとすることにより、独自の店舗やATM(現金自動預け払い機)がないばかりか、キャッシュカードや預金通帳もない。
 こうして経営の効率化を推進する一方で、顧客サービスへの投資を強化。定期預金など商品の金利水準は、国内の銀行ではトップクラスにあり、本人名義の他行口座への振込手数料も無料とするなど、お客さまのメリットを大きく打ち出している。こうした独自路線は、大和証券の顧客を中心に、資産運用に積極的な幅広い層から支持を得ており、開業以来、急速に口座数を増大。2012年9月末現在の口座数は61万7,000口座、預金残高は1兆8,726億円となっている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年2月号の記事