コンタクトセンター最前線(第84回):キャンペーンでアクセスを促進し愛用者アドバイザーがカツラに関する悩みに対応

(株)スヴェンソン

ドイツ生まれの増毛法「ヘアウィービングシステム」で美と健康をサポートする(株)スヴェンソン。同社では、2008年7月にカツラでお困りの方を対象とする無料相談窓口「カツラSOS」を開設した。受付拠点には、全国各地のスタジオを活用。カツラの使用経験を持つ愛用者アドバイザーが相談に当たることで、お客さまの視点に立った対応に努め、カツラに関する悩みの解決に取り組んでいる。

不満や不安の解消を目的にカツラSOSを開設

(株)スヴェンソンは、1984年に創業して以来、25年にわたりドイツ生まれの増毛法「ヘアウィービングシステム」(編み込み式増毛法)を提供しているカツラ・増毛メーカーである。薄毛に悩む方は昔から多いが、カツラを使用していてもそれを隠すケースが大半であるため、使用感などの情報を入手することは難しい。また、料金が不透明であることから、購入に不安を感じるお客さまも少なくない。一方、カツラユーザーにおいては、一度に複数の商品を購入しなければならなかったり、メンテナンスのたびに新しい商品を勧められたりすることを不満に思う方も多く、国民生活センターなどにも苦情が寄せられているという。
 同社ではこうしたカツラ・増毛業界にまん延する不安、不満を解消するべく、料金の開示や、定期定額制度の採用、脱スペア(複数のカツラを販売しない)の推進、カツラ使用経験を持つ愛用者アドバイザーの導入など、お客さまに満足していただける増毛法の提供に取り組んできた。こうした取り組みをより多くのお客さまに知っていただくと同時に、不安、不満のより一層の解消を目的に、2008年7月18日、カツラでお困りの方を対象とする無料相談窓口「カツラSOS」を開設。電話、eメールでの受け付けをスタートした。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年11月号の記事