コンタクトセンター最前線(第5回):コールセンターを核とした新テクニカルサポート体制を確立

日本コンピュウェア(株)

ソフトウエア製品やプロフェッショナル・サービスを駆使したソリューションを提供する、日本コンピュウェア(株) 。 2002年4月、同社では、保守契約者を対象としたテクニカルサポート体制の強化を目的に、コールセンターを開設。 さらなる顧客満足度の向上と、業務の生産性向上を目指している。

2002年4月よりテクニカルサポート体制を一新

 米国コンピュウェアは、1973年に創設された独立系のソフトウエア・ベンダー。開発・品質管理・導入・運用管理といったアプリケーション開発の全サイクルにわたり、ソフトウエア製品やプロフェッショナル・サービスを駆使したソリューションを提供している。現在、同社が開発・販売している製品数は130以上に及ぶ。
 その日本法人として1992年に設立された日本コンピュウェア(株)では、2002年4月にコールセンターを開設。保守契約者を対象としたテクニカルサポート体制の強化を図った。
 同社では、コールセンターで専任のスタッフが全製品に関するさまざまな問い合わせを一手に受け付けることによって、顧客満足度を向上。同時に、サポート業務の生産性向上を図ることを目的としている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2002年5月号の記事