通信ネットワーク最前線(第54回):メディアの融合によりブランドの確立と販売効率の向上を目指す

(株)リプル

2000年より自社開発の敏感肌用基礎化粧品の店舗販売と通信販売を開始した(株)リプル。アナログメディアとインターネットを融合し、その相互作用によってブランドの早期確立と販売効率の向上を目指す同社の取り組みと、コールセンターについて話しを聞いた。

10カ月で売上目標を達成

 (株)リプルは、「Fit in with Future(未来と調和して)」「With all one’s Heart(真心を込めて)」「…and One to One(ひとりひとりと)」を企業フィロソフィーに、1999年4月に創業した化粧品メーカー。2000年2月より、独自に開発した敏感肌用基礎化粧品「FECICA(フェシカ)」の通信販売を開始。翌3月からは店舗販売にも乗り出している。
 「FECICA」は小児皮膚科医、山本一哉先生の「生まれたての赤ちゃんの肌には、乾燥もアトピー性皮膚炎もない」という一言をきっかけに「羊水」「母乳」から生まれた敏感肌用基礎化粧品。表示指定成分・着色料・香料・アルコールなどの不安要素を排除した安全安心設計を推進しているほか、すべてをお客様に伝えるために全成分表示を行うなど、前述の企業フィロソフィーを具現化している。
 通信販売では、カタログとインターネットを活用。一方、店舗販売では、全国の有名百貨店に出店している。同社では、2000年から2001年初頭にかけて出店数を大幅に拡大。現在ではその数約80店舗に及んでいるほか、事業開始から10カ月で初年度の売上目標であった5,000万円を売り上げ、好調な滑り出しを見せた。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年3月号の記事