通信ネットワーク最前線(第20回)

チューリッヒ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド

1996年10月、日本初の通販専業の生命保険会社として日本国内への参入を果たしたチューリッヒ生命。 同社における生命保険マーケティングの現状と展望について話を聞いた。

日本初、通販専業の生命保険会社をスタート

 チューリッヒ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッドは、スイスのチューリッヒに本社を置く世界有数の保険機構、チューリッヒ保険グループの中核メンバー。チューリッヒ保険グループは、1872年の創業以来、損害保険事業を展開。1922年には生命保険事業にも着手し、一歩一歩確実に事業を拡大してきた。一方でイギリス、ドイツ、アメリカをはじめとする世界各国に進出。現在では、世界38カ国で保険事業を展開するグローバルな企業グループとして確固たる地位を築いている。
 経済の低迷が続く中でも、日本の国民ひとり当たりが負担する年間保険料は4,000ドル弱と世界標準の約3倍に達している。世界の保険マーケットの約4割を占める日本の保険マーケットは海外の保険会社にとっては非常に魅力的。そこで、同グループは1986年、チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー日本支社を設立して日本市場への参入を果たし、損害保険事業をスタートした。続いて1996年8月、チューリッヒ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド日本支社を設立して、同年10月より生命保険事業に参入。日本初の通販専業の生命保険会社として新たなスタートを切った。
 1996年に打ち出された日本版金融ビッグバンによる商品・価格の自由化、生・損保の相互乗り入れをはじめとする規制緩和が、損害保険をメインに扱ってきた同社にとって生命保険乗り入れの絶好の機会となったのである。世紀末から21世紀にかけて保険業界を取り巻く状況が大きく変化していく中でも、リスクを引き受けることが仕事であるという同社のスタンスは変わらない。同社がマーケティングの手段として通信販売を採用したのは、状況の変化に流されることなく、お客様の変化に柔軟に対応していくためには、ダイレクトマーケティングが最適だと考えたからだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年5月号の記事