パソコン分野に再進出を図る 「メビウスユーザーサポートセンター」

シャープ(株) 

ニーズごとに3種類のサポートを提供

 シャープ(株)は、かつて日本のパソコン市場でN0.1のシェアを誇っていた時期があるものの、“民生用機器”に関しては、一時期半ば休止状態にあった。しかし、「Windows95」の日本での発売を目前に控えた1995年11月、パーソナル・ユースを狙ったノート型パソコン「メビウス」シリーズを市場に投入し、主に個人ユーザーをターゲットに、再びパソコン市場での巻き返しを図っていてる。
 シャープ(株)のカスタマー・サポート・センターは現在、3種類、5カ所。購入前、購入後にかかわらず、同社の全製品のあらゆる相談を受け付ける、東日本、西日本のお客様相談室「コンシューマーセンター」、パソコン購入後の操作方法などについての質問に応じる、東日本、西日本の「メビウスユーザーサポートセンター」、そして、系列会社のシャープシステムサービス(株)が行う、各種サポートの依頼受付の窓口となる「シャープOAハートフルサポートサービス」である。いずれも受け付けは一般加入回線で行っている。

シャープ(株)の「コンシューマーセンター」

シャープ(株)の「コンシューマーセンター」

 「コンシューマーセンター」の受付時間は、月~土曜日の午前10時から正午までと、午後1時から午後5時まで。窓口の電話番号は広告とカタログで告知している。
 「コンシューマーセンター」は全製品・全対処を網羅するため、サポートに当たるスタッフは、全員、同社の社員である。OJTを中心にスタッフの教育を行い、新製品発売前には、集合研修を行っている。スタッフに求められているのは、パソコンに対する知識と応対態度。社内公募でスタッフを募ることもある。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年12月号の記事