自社通販で集めたお客さまの声を「やわらか食」の商品開発などに生かす

キユーピー(株)

キユーピー(株)は10年ほど前から、介護が必要な高齢者や病気療養中の人でも安心して手軽に食べることのできる「介護食」の通販事業を展開。おいしさにこだわった商品ラインナップが支持を集め、会員数は順調に伸びており、累計で約10万人。会員の声に気づきを得て、商品開発に役立てている。

食材を軟らかく、とろみを付けたレトルト食品「やわらか食」

 食品メーカー大手のキユーピー(株)は、10年ほど前から、介護が必要な高齢者や病気療養中の人でも安心して手軽に食べることができる加工食品「介護食」の通販事業を展開している。
 高齢者や病人は、食べ物をかみ砕く咀嚼や食べ物を飲み下す嚥下の機能が低下した場合や、塩分や糖分、タンパク質など摂取する成分の制限が必要とされる場合、健常者と同様の食生活が送れず、固さや成分に特別な配慮が施された治療食が必要となる。代表的な治療食には、消化吸収を良くするために食べ物を液状にした流動食がある。
 その一方で、必ずしも流動食などの治療食が必要な状態にはないが、体調不良や身体機能の低下などさまざまな理由から、健常者と同じ食事を食べることに困難を感じる人も多い。また、高齢化や核家族化が進み、高齢者が高齢者を介護する“老老介護”がクローズアップされるなど、介護に当たる家族の負担も大きく、社会的な支援の必要性が指摘されている。
 同社の「介護食」は、こうした社会的なニーズを背景に、高齢者や病気療養者など食生活に特別な配慮が必要な幅広い層をターゲットに開発された商品群で、売り上げは拡大基調にある。
 主力となっているのは、食材を軟らかくしたり、とろみを付けたりした「やわらか食」で、長年、同社が培ってきた加工食品の開発・製造ノウハウを強みに、おいしく食べてもらえるよう味にこだわり、飽きずに継続的に食べてもらえるよう商品ラインナップを充実させている。「やさしい献立」というブランド名を採用し、雑炊、おかず、デザートなど57品目を販売。いずれも調理の手間がかからないレトルト食品の形態で、1食分を想定した分量に小分けされている。中心価格帯は1食当たり150~200円(税抜き)だ。
 食材の固さは、食べる人の咀嚼能力に合わせ、「容易にかめる」「歯ぐきでつぶせる」といった、日本介護食品協議会が制定する4つの「区分」のいずれかに該当するよう加工され、商品パッケージにこの「区分」をわかりやすく記している。
 同社の「介護食」の販売状況を見ると、病院や介護施設向け業務用が販売額全体の5割強を占めており、市販用の5割弱のうち、ドラッグストアやスーパーなどの店舗での販売分が5分の3、小売や卸売の事業者が独自に運営する通販サイトなどでの販売分が5分の1、そして残る5分の1、全体の約1割が、同社の通販事業による市販用の売り上げとなっている。「やわらか食」の販売額は公表していないが、店舗での販売分だけでも、その出荷額ベースでの売上高は20億円程度の規模に達しているという。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年10月号の記事