50~60代女性を主要ターゲットに生薬研究に基づく育毛剤を販売

(株)バスクリン

入浴剤で知られる(株)バスクリンでは2009年、女性向けの薬用育毛剤ブランド「髪姫(はつひめ)」を立ち上げ、通販事業に本格参入した。100年以上に及ぶ生薬研究に基づく独自性の高い商品は、ターゲットとした50~60代女性に徐々に浸透しており、順調に売り上げを伸ばしている。

ユーザーへのサービスからスタートした通信販売を本格事業化

 2006年7月に(株)ツムラから分社するかたちで創業。さらに2008年7月にツムラグループから独立した(株)バスクリンは、2009年、女性向けの薬用育毛剤ブランド「髪姫(はつひめ)」を立ち上げ、以降、同ブランドを中心とする通信販売に取り組んでいる。
 同社が通販事業に着手したのは2008年ごろ。同社のメイン商材である入浴剤について「近くに取り扱っている販売店がない」というユーザーの声があったことから、サービスの一環としてECサイトを立ち上げたのが始まりであり、当初の取扱アイテムは、入浴剤などの店頭販売商品のみであった。
 しかし、当該サイトで一定の注文があったことから、主力の代理店経由の販売を補完する新事業として通販に本格参入することを企画。その際、店頭販売商品については単価の低さから送料がネックとなり、事業として成立させることは難しいと判断し、新たな商材を探求した結果、送料を吸収できる単価設定が可能であり、同時にツムラ時代からの漢方研究の成果が生かせる商材として、「モウガ」ブランドで実績のあった育毛剤に注目し、薬用育毛剤「髪姫」を開発・販売するに至った。その後、2010年10月に関連商品として「薬用シャンプー」「薬用トリートメント」、さらに2011年10月には「髪姫」ブランドの「白髪用ヘアカラートリートメント」(3色)を発売し、現在に至っている。
 また、2011年12月にはスキンケアブランド「美漢精」を立ち上げ、その第一弾の商品として「プレミアムビューティオイル」を発売した。

1202C11

薬用育毛剤「髪姫」は、同社の漢方研究の成果を生かして開発された

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年2月号の記事