話題性のあるクーポンで直営店に顧客を誘導

アディダス ジャパン(株)

全国64カ所の直営店やWebサイト、SNSなどを活用してさまざまなプロモーションを展開しているアディダス ジャパン(株)。同社では、スマートフォンアプリやFacebookチェックインクーポンなど話題性のあるツールを活用して、オフラインとオンラインをつないでいる。

スマートフォンアプリやFacebook チェックインクーポンを活用

 10代から30代を中心に幅広い年齢層の人々に支持されているスポーツブランド、アディダス。その日本法人として、日本における製品の生産から輸出入、販売までを手掛けているのがアディダス ジャパン(株)だ。64カ所の直営店、およびアディダス商品取扱店により国内全域をカバー。顧客との直接的な接点である各直営店で独自のキャンペーンを実施したり、契約アスリートの活動を通してアディダスのメッセージを発信したりしている。このほか、Webサイト上で会員を募り、フットボールやランニング、バスケットボール、テニスなど13のカテゴリー別にNewsletterを配信。また最近では、TwitterやFacebookを活用したソーシャルメディア・マーケティングも手掛けている。同社では、2010年末以降、スマートフォンアプリやFacebookチェックインクーポンなど話題性のあるツールを活用して、オフラインとオンラインをつなぐクーポンキャンペーンを積極的に展開している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年1月号の記事